2016年9月27日火曜日

今月の一軒(ビストロ)「魚介ビストロsasaya BYO品川魚貝センター」/飲食店その3

 ワインが家に溜まることがある。頂きものなどが消化出来ず、家に滞留するのである。ワインセラーなどを購入してしっかり管理している人もいるが、そんな人は稀である。普通の人はその辺に積んでおくか、押し入れに入れておくくらいが関の山なのだ。

 先日友人の、長年単身赴任をしているTさんと話していたら、家ではそんなに飲むことがない為、ワインが家に溜まって困るとこぼしていた。Tさんは先日引っ越しをしたばかりなのだが、その際に運送業者に呆れられたそうである。何とワイン運搬数は65本( ゚Д゚)。壊れ物は業者の方にも嫌がられるのだ(-_-)

 まぁ、こんな人はほとんどいないとは思うが、実はこのように滞留したワインをお店に持ち込んで、美味しいつまみと共にみんなで楽しく飲めたら良いなぁ、というようなニーズを叶えてくれる店があるのである。
 それが今回ご紹介する「魚介ビストロsasaya BYO品川魚貝センター」なのであった。

 品川駅前高輪口右手のパチンコ屋の2階。ビルは極めて分かりやすいのだが、市場的なフロアになっており、他の店舗を通り抜けて入店する感じなのでちょっと面食らう。
 BYOというのは「bring your own」の略だそうだ。持ち込み、ですな。この店ではワインの持ち込みが1本999円で可能、というシステムを導入しているのである。素晴らしい(^o^)
 今回は友人と4人でお伺いしてみた。

 真夏に行ったので冷やせないと、私は持ち込みを躊躇してしまったのだが、同行のSさんが保冷材をガンガンに入れたケースを使って3本も持参。Sさん偉い!さすが!立派!と、会社ではあり得ないくらい手放しでみんなから褒められる(^^;)
 で、4人で生ビールをグビっと飲んで、ポテトサラダと炙りメリメロを発注。

 ポテトサラダはスモークテイストで乗せたイクラも良い感じのアクセント。
 美味しい!ワインに合うぞ!
 炙りメリメロはカルパッチョを軽く炙ったイメージだが、新鮮で豪華!こういうのは初めて食べる感じだ。
 Sさん持参のワイン1本目をお店の人に渡し開けていただく。
テーブルに収納型のワインホルダーが付いてて便利。細かい所もしっかり考えてるなぁ。ワインはブルゴーニュのグラノルディネールブラン。爽やかで薫り高い一本。キレもありますね(^o^)

 更に料理は進み、小エビとマッシュルームのアヒージョ、生ハム、甘エビのスパイシーフリットと進む。
 アヒージョ好評。

 同行のOさんが絶賛し、バケット追加。
 甘エビのフリットは軽く食感がステキ。
 生ハムも美味しいぞ。
 次なるワインはムートンカデブラン。マイルドでふくよかだ。
 Sさんが順番を決めてワインを開けているが見事である。軽く香りの良いものから徐々に深い味わいのものへ移行させているのだ。

 更に蛤の白ワイン蒸し、魚介のブイヤベースと料理は進む。

 ハマグリは身がぷっくりしており、ブイヤベースは豪華で旨みが濃縮されたスープがこれまた秀逸。
 更にワインはどんどん進む。シャブリ2012である。深みの増した味わいはSさん渾身の3本目である。

 シメの料理はしらすぶっかけペペロンチーノ。

 これでもか!としらすが乗った見た目にも豪華な一品。
 うーむ、満足満足。言うことないな。
 これで一人4,000円程度とは素晴らしい\(^o^)/
 Sさんの持ち込みのおかげである。
 
 (ワインはお店に豊富に在庫しており値段も相当安いので、BYOじゃなくてもおススメです!)
 

住所:港区高輪3-26-33パル品川ビル219号
経路:JR、京浜急行品川駅徒歩1
営業時間:16:30~23:30
定休日:日・祝
席数:52


連続サラリーマン小説「地球最期の日」はこちら
http://syousetsuyomuyomu.blogspot.jp/
小説主題歌「地球最期の日」はこちら
https://youtu.be/KieyOm3X22s

サラリーマンソング配信サイト「サラリーマン総合研究所」はこちらhttp://fcb.webcrow.jp/
今月のサラリーマンソング「いつまでも」はこちら→https://youtu.be/vSo2pZQrQoc




0 件のコメント:

コメントを投稿