2016年10月3日月曜日

人事異動発令/動乱のエピソード編その19


人事異動発令
~人事異動はサラリーマンの一大事件!~

 人事異動は発令の日がだいたい事前に決まっている。いつ発令するかを予告する会社も多い。そろそろ転勤と言う時期を迎える人は気が気でない。昇格がかかっていたりする場合もあるが、そもそも転勤は生活が大きく変わる為家族に与える影響も大きく、本当に一大事件なのである。だから発令の日はそわそわして朝から仕事が手につかない"(-""-)"

私の会社では、昔は各店に一斉にFAXが送信されていた。今はイントラネットに掲示されたり、メールでファイルが送られて来たりするのであろう。
イントラネットに掲示される場合は回線がパンクすることもある。今か今かと待っていた全国の社員が、「人事異動について」というようなタイトルが掲示された途端に泡を食って一斉にクリックするのだから仕方がない。

まだ発令日の予告がなかった頃に、どうやら今日出そうだ、という噂が流れたことがある。半信半疑ながら注意してイントラネットを見ていたところ、「人事異動について」というタイトルが掲示された。おー、出た出た!と慌ててクリックしたところ回線がパンクし30分もファイルが開かない、という事態と相成った(*_*;
イライラドキドキしながら待っていてようやく開いたのだが、そこにはU君という後輩がポツンと一人だけ記載されているだけだった。定例異動分ではないマイナーな人事だったのである。罪の無いU君にクレームの電話が殺到したのは言うまでもない。

昔ギャグマンの上司がいた。人事異動の発令の日などは課員がめちゃめちゃおもちゃにされた。当日その課長が部長に呼ばれて帰って来たりすると、すわ異動か、とみんな緊張する。すると、席に座るなり重々しい雰囲気で、「福田君、ちょっと・・・」などと呼ぶのである。
ついに転勤か?!とドキドキしながら課長の席に向かう。課のメンバーにも緊張が走る。
「福田君・・・」「はい・・・」「呼んでみただけ」ガックリ・・・(=_=)
耳をダンボにして聞いていたみんなは大爆笑である。しかし呼ばれた本人は不愉快だ。しかもバージョンがいろいろあって、「呼んでみただけ・・・から~のやっぱり転勤」とか「呼んでみただけ・・・から~のやっぱり転勤・・・なんちゃって」とかやりたい放題なのである。まぁ明るい人だったから許されていたのだが。

後年この人のことを思い出して、私も異動発令日にギャグを放ったことがある。
課長の頃にM君という課員と車で外出をした。出際にM君に聞こえるように他のメンバーに、今日異動が出るから出たらM君の携帯に電話して、と頼んでから出かけたのである。運転していたM君は気が気ではない。話しかけても上の空で携帯ばかり気にしている。そこで私は助手席から、M君に見えないようにそっと自分の携帯でM君に電話をかけた。
 ジリリリリリ!ベルが鳴った途端にM君の身体が硬直した。慌てふためいて携帯を開き「もしもーし!」と叫んだ。私はしばらく放っておいた。「もしもーし!あれ?!もしもーし!」M君は必死である。「はい、福田です」と話しかけたら、もー、もー止めてくださいよぉ、もー、もー、と牛のようにもーもー言って抗議された。

M君はこの日に異動が発令され栄転したのでめでたしめでたしであったが、このギャグは良くなかった。いくらギャグに生きるギャグマンとは言え、やっていいことと悪いことがあるのだ。申し訳なかった。この場をお借りして伏してお詫びするm(__)m

 しかし人事異動の時期は悲喜こもごもである。昔お客様に言われたことで印象に残っている言葉がある。
「意に沿わない異動が出た時が男の見せ所」という言葉である。 
 例えば昇格すると思っていたら出来なかった時や、希望していた転勤先ではない所に異動が出た時に不満を見せてはいけない、ということである。

異動を決めた上司も気にしているため、不満を見せると(傲慢で失礼なヤツだ。こんなヤツはもう知るか!)と思われてしまう。不満を見せずに笑顔で「頑張りますので、次はよろしくお願いします」と言えば、(すまなかった。次こそ何とかせねば!)と思うものだ、ということである。

一旦出た異動が変わるなんていうことはほとんどない。終わった結果をぐずぐず言ったところでどうしようもないのである。
しかし人事異動というのは不思議なものだ。毎年会社は希望とか聞くくせに、長い長いサラリーマン人生の中で、私は結局一度たりとも希望通りに転勤したことなどないのだ・・・。




今月のサラリーマンソング「日本全国お前がやってみろ音頭」はこちら


連続サラリーマン小説「地球最期の日」はこちら
http://syousetsuyomuyomu.blogspot.jp/
小説主題歌「地球最期の日」はこちら
https://youtu.be/KieyOm3X22s
サラリーマンソング配信サイト「サラリーマン総合研究所」はこちらhttp://fcb.webcrow.jp/


0 件のコメント:

コメントを投稿