2017年2月9日木曜日

「大人になったらなりたいもの」アンケートの将来性を検証!/日々雑感その7

~「大人になったらなりたいもの」アンケートの将来性を検証してみた!~

 先日第一生命保険が「大人になったらなりたいもの」のアンケート結果を発表した。全国の幼児や小学生ら1,100人の回答を集計、分析したそうである。
※出典:第一生命保険調べ

男の子

1位サッカー選手
2位学者、博士
3位警察官、刑事
4位野球選手
5位お医者さん
5位食べ物屋さん
7位大工さん
8位水泳選手
9位電車・バス・車の運転手
10位飼育係、ペット屋さん、調教師

女の子

1位食べ物屋さん
2位保育園・幼稚園の先生
3位学校・習い事の先生
4位お医者さん
4位看護師さん
6位デザイナー
7位飼育係、ペット屋さん、調教師
8位美容師さん
9位歌手、タレント、芸人
10位ダンスの先生、ダンサー、バレリーナ、ピアノ・エレクトーンの先生、ピアニスト、薬剤師さん

 うーむ、なるほどなぁ、と思わず唸るランキングである。
男子の1位サッカー選手はここしばらくは不動なんだろうな。2位の学者、博士は昨年8位からの大躍進だそうだ。ノーベル賞の影響であろうとの分析。8位の水泳選手もオリンピックの関係かな。

 対象は割と小さな子供だから、まずその職業について本人が一定の理解をしている必要がある。サッカー選手、野球選手、水泳選手のスポーツジャンルは、自分も習っていたりチームに参加していたりする可能性が高いな。
 警察官、医者、食べ物屋さん、大工さん、運転手、飼育係などもそれぞれの生活で身近な存在と言える。自分が直接見聞きした職業だ。
 しかしよくよく見ると「理系」の影が濃いぞ(=_=)
スポーツ選手以外は、すべてどちらかと言えば理系的仕事である。やはり文系は理系にかなり押されていると言える結果であろうか(◎_◎;)

 一方女子の特徴は、男子に比し文系が強いことではなかろうか。先生、歌手、タレントなどがランクインしている。
 男子はスポーツジャンルが多く、女子は先生、芸術、芸能などのジャンルに人気があるようだ。

 両方上位に入っている職業に「食べ物屋さん」があるな。これは身近な仕事であることに加え、テレビなどの影響で料理人のイメージが上がっていることもやや影響しているかも知れないな。

 このランキングの中で実際に将来世界で戦える仕事と言えばやっぱり食べ物屋さん=料理人ではないのだろうか。
 これは和食の魅力が世界に発信され、クールジャパンの大きなアイテムとして広がりを見せていることが背景にある。

 腕一本で世界を目指すなら現実的にはスポーツ選手より和食やラーメンの料理人なのではなかろうか。

 また職業としてスポーツ選手を目指すなら、現実問題としてはサッカー選手や野球選手はちょっと難しいだろう。ライバルが多すぎるのも理由の一つだが、最も大きなリスクは就業期間があまりにも短いことにある。

 サッカー選手の平均引退年齢は26歳位と言われている。
 に、26歳ぃ?!とかなりびっくりするお父さんも多いのではないか。カズ選手のような例もあるのでまさかそんなに早いとは思っていない人が大半であろう。
 サラリーマンで26歳と言えば駆け出しの若手である。まだまだスタートライン付近にいるような感じだ。それがもう引退とは(-_-;)
 30代半ばくらいのプレーヤーも多いように思うが、平均を取るとこんな感じらしいのだ。

 更に、男子8位の水泳選手の引退年齢はなんと21歳くらいらしい。
 に、に、に、21歳ぃぃぃ?!( ゚Д゚)と腰を抜かすお父さんもいるくらいの驚愕の数字である。
 これでは職業にする前に引退、という感じである。
 野球は30歳と、サッカー、水泳に比べれば長いが、それでも何だかなぁ、という感じではある。
 莫大な契約金を貰えるような選手は一握り。親心としては子供には安定的に長く続けられる仕事を、と考えるのが普通か。
 まぁしかし、大人になったらなりたいもの、というのは職業とイコールではないけどね(^^;)

 ならば逆に、スポーツ選手で在籍期間の長い職業は何だろう?
 一つはプロレスではなかろうか。40歳以上のレスラーはごろごろいるし、60歳を超えてもやってる人もいるもんね。しかしプロレスラーは、在籍期間より平均寿命の方が気になる感じもあるな。安定的な仕事ともなかなか言い切れず(-_-;)そもそも身体がデカくないとなれないしさ・・・。

 だが実は、平均引退年齢が遅く、長く就業出来るプロスポーツがいくつかあるのだ。
 それは、競馬の騎手、競輪選手、競艇選手など公営ギャンブル関係の選手である。収入も安定し長く出来るこれらの選手は、実は最も生涯年収を安定的に稼げるアスリート系の仕事なのであった。
 競艇などは60代の選手もいるし、70代の現役もいるらしいぞ( ゚Д゚)

 平均引退年齢も競馬38歳、競輪44歳、競艇55歳と言われている。他のスポーツに比べ圧倒的に長いのである。
 競艇なんざぁ、サラリーマンの役職定年並みじゃないか!
 ならば、親としては、スポーツ好きの子供がサッカー選手や野球選手、ましてや水泳選手になりたい、などと言っているなら絶対に止めさせて、競艇選手を薦めるべきであろう。
 しかし子供は競艇に馴染みがない場合が多いだろうな。いや、馴染みがある方が変か。もし競艇に詳しい子供がいたら、お父さんに相当な問題があると断言しても良いだろう(=_=)
 でも、子供の将来を真剣に考えるなら、競艇など一度も経験したことのないお父さんも、子供の為に一緒に競艇場に通うことも視野に入れるべきではないのか。
 また、自然な感じで公営ギャンブルに馴染ませる為に、競艇場の近く、競馬場の近く、競輪場の近くに転居を重ねる手もある。現代版孟母三遷である(^^;)

 さてさて、子供の夢の話も良いが、やっぱ切実なのはオヤジの夢である。
 だいたいアンケート自体が存在しないのはオヤジ世代をバカにしてるようにも思う。老い先短いんだから夢でもあるまいし、みたいな感じか(-"-)
 冗談じゃないぞ。10歳の子供に大人になったらなりたいもの、を訊くのはせいぜい10年後くらいじゃないか。ならば60のオヤジに10年後70歳でなりたいもの、というのをアンケートしてくれても良いだろう。
 んー、しかしなぁ。70歳でなりたいものかぁ・・・。さすがにこれから競艇選手はもう無理だよな・・・。
 やっぱアンケートはキビしいかな。夢は「健康で長生き」くらいが多いだろうしな・・・(=_=)
 でもさ、60代の合言葉って皆さん知ってますか?
  それは「楽しいのはこれから」です。若い方はそれを夢見て、オヤジ世代はその実現に向けて、ガンバロー\(^o^)/


幸せのメカニズム 実践・幸福学入門 (講談社現代新書)
前野 隆司
講談社
売り上げランキング: 772

0 件のコメント:

コメントを投稿