2017年3月24日金曜日

ギャンブルで絶対負けない方法はこれ?!元気が出るコラム/サラリーマンの王道

<作画:みやかね にわとり>

~ギャンブルで絶対負けない方法について考えてみた!~

 昔はバクチ的な人生を送る人が多かった。会社でも麻雀はしょっちゅうやっていたし、私が新入社員で入社した1977年には、赴任した支店の会議室に何と麻雀用の椅子とテーブルがあったのである(+o+)
 今では考えられないが、仕事終わりや休日に会社で平気で麻雀をしていたのだ。
 ゴルフコンペのウマなどもかなり盛大にやっていた時期もあるし、まぁまぁ今思うと信じられないような時代があったのである。
 パチンコブームではたいがいのオジサンがパチンコ店に出入りしていたし、競馬ファンも多かった。ギャンブル花盛りの時代である。

 しかしこういったものはほとんどが「習慣」なので、やっているとどんどんやりたくなるが、しばらくやらないと全く平気で何とも思わなくなる。
 公営ギャンブルも閉鎖する会場が増えたと聞くが、人の気質も変わったのだろう。

 ギャンブルの不思議なところは、始める前には全員が勝とうとしており、勝てるのではないかと考えているところである。

 パチンコやスロットでトータルでプラスとなる人は10%以下なのではないか。だからほとんどの人は負けるのだ。ほとんどの人が負ける場所に、全員勝とうと思って行っているのは本当に不思議なことだと言わざるを得ないのである(*_*;

 私は競馬、競輪、競艇などは一切やらないが、競馬ファンなどの人に話を聞いていると、「私は勝ち負けは気にしていない。競馬は推理している時間が楽しいんです」などと言う人が非常に多い負けることなんて最初から分かっているんだよ、と言っているのである。
 しかし本当にそうなのか。負けることを容認しつつやっているのだろうか(=_=)
 勝つ、勝てる、勝ちたい!と思ってやってるけど勝てないから負け惜しみ的に言っている人もいるのではないか。私には何とも分からないのである(-_-;)

 しかし一つ言えることがある。

 


 このようなギャンブルをやっている人で、収支を把握している人が非常に少ないということだ。
 ギャンブルは、勝ってると思ってる人もせいぜいトントンで、トントンと思っている人はやや負けており、少し負けてると思ってる人は相当負けており、かなり負けてると思ってる人はもう人に言えないくらい負けている、と言われている(*_*;

 勝てない理由ははっきりしている。「テラ銭」である。手数料と言っても良い。経費とも言える。
 結局、ギャンブルの勝敗のメインとなる理屈は確率論だ。

 滅多にやらない人は運、不運に左右されるだろうが、結構継続的にやっていると必ず確率の範囲内に収束して行くのである。
 パチンコ店やスロット店では家賃、施設費、機械、人件費など多大なコストをかけて店を運営している。利益を出す為には膨大なコストを回収しなくてはならないのである。
 宝くじの手数料は50%を超えると言われているし、公営ギャンブルの手数料も約25%だそうだ。プレーヤーは結局、買えば買うほど、やればやるほど負けが込む方のが当然の仕組みの上で踊っているのである。

 ギャンブルを止めろと言っているのではない。このことを理解した上でするなら、それで良いのである。

 そしてギャンブルを続けて行く上で必要なのは、やっぱり「収支把握や収支表」であろう。
 勝っている人は更にやる気が出るし、負けている人はあまりに想像を上回る金額にやる気を失くすだろう(-_-;)
 
 最後に記しておきたい。ギャンブルには、昔から言い伝えられている「絶対に負けない方法」がたった一つだけあるのだ!!

 それは・・・・・・「ギャンブルをやらないこと」だそうです。

  お後がよろしいようで・・・<m(__)m>

競馬で勝ち続ける1%の人になる方法
(2016-12-09)
売り上げランキング: 7,180

0 件のコメント:

コメントを投稿