2017年3月15日水曜日

サラリーマンの節約術9.ポイントの種類③-2クレカポイント~では、どんなクレカを選べばいいのか?~

9 ポイントの種類③-2クレカポイント
~では、どんなクレカを選べばいいのか?~




 どのクレカを選べば得か、という話ですが、結局はその人のライフスタイルと獲得したポイントの用途が大切です。
 旅行によく行く、新幹線をよく使う、航空機を使う、ホテルに泊まる機会が多い、ネットショッピングをよくする、百貨店によく行く、通信費を抑えたい、ガソリン代を節約したい、同じスーパーやコンビニによく行くなどなど、その人のライフスタイルやクレカの用途でおトクなクレカは大きく変わって来るのです。

 例えばネットショッピングをよくする人なら、楽天カード(マスターカード、JCB、VISAがおススメです。還元率1%ですが、楽天市場では2倍になり、ポイント加盟店では3倍になります。
 更にキャンペーンなどで高い倍率となるケースもありますので、ネットショッピングには非常に強いカードと言えると思います。ただしコンビニ、カフェなどのリアル店舗で弱いのが難点です。

 また、JALやANAなどをよく利用する人なら航空会社の提携カードも有効です。
 JRで通勤している人に欠かせないのがビューSuicaカードです。JR東日本が母体のこのクレカは、定期券でも1.5%のポイントが貯まるんです。
 このように、自分の生活の中で出費が多いものや、貯めたポイントで交換したいものが明確な場合は、ライフスタイルや用途に合わせ、最も有効なクレカを選択すればいいということになります。

 特にこだわりがない場合はどうしたら良いでしょう。その場合は広く構えられ、高還元のカードを選択するのが良いと思います。

 広く構える、というのは、出費に対してそのクレカが使える頻度が高い、ということです。例えどんなに高還元のクレカだったとしても、使える場面が少なければ何にもなりません。
 一方、還元率が0.2%のクレカではどんなに広く使えてもなかなかポイントは貯まりません。
 それでは、広く使えて、しかも高還元のクレカって何でしょうか?

 還元率の高い人気のクレカは1.リクルートカード:1.2%、2.オリコカードザポイント1%、楽天カード1%などです。
(この他にも1%~1.5%の還元率のカードは幾つかありますが、汎用性や使い勝手でこの3枚を記載しています)

🔦ポイントのポイント9:ライフスタイルや用途でクレカを選択しよう。広く構えるなら高還元カードがおススメ

次号に続く(毎週水曜日配信)



※本コンテンツ全編はこちらに収録されています。


「サラリーマンの節約術~習慣を変えるだけで数百万トクをするポイントの話~」




今月のサラリーマンソング「ドリンキングマーチ」はこちら

サラリーマンの王道(4コマ漫画&エッセイ)過去記事リンク集はこちら


0 件のコメント:

コメントを投稿