2017年4月24日月曜日

「お辞儀」悩めるサラリーマン必読のスキル!お辞儀はすべてを制す?!/サラリーマンの王道

~お辞儀を制するものはサラリーマンを制す?!~

 「なんだ、あいつのお辞儀の仕方は!新入社員じゃあるまいし。ホントに使えねぇヤツだな・・・」
 もし、こんな会話があなたの知らないところでなされていたとしたら、恐ろしいことである。お辞儀一発で悪いイメージが広まってしまうなんて・・・(-_-;)

 何言ってんのよ、お辞儀なんて簡単でしょ( `ー´)ノと言っている方に、それでは質問です。

Q:お辞儀の基本は3種類あります。その角度と用途について答えなさい。

 こんなことを急に訊かれると、えぇ?!( ゚Д゚)3種類って何?と思われる方もいらっしゃるのではないか。角度って正式には一体何度なの?!

A:は以下だ。

1.礼=角度15度
用途:来客時の挨拶、社内の朝夕の挨拶、すれ違う際など。
背筋を伸ばす。腰から倒すイメージ。

2.敬礼=角度30度
用途:お客様や上司など敬意を持って挨拶する際。
背筋を伸ばす。腰から倒すイメージ。

3.最敬礼=45度
用途:お詫びや御礼。お客様がお帰りになる時。神事など。
背筋を伸ばす。腰から倒すイメージ。

 例えばお客様があなたの会社に来社されたら、1で挨拶し、応接に通して2、お帰りになる際は3ということで使い分けなければならないのである。

 めんどくせぇなぁ、そんなの全部同じでいーじゃねーかよ(~_~メ)と思う方もいらっしゃるかも知れないが、お客様の来社時や廊下ですれ違った時に最敬礼するのはやっぱり変なのだ。
 私が大阪の部長の頃部下だったYさんはすっごい二枚目である。私は40年間のサラリーマン生活で推定2万人程の人と会ったが、その中で3本の指に入るほどだ。ともかくカッコイイ。映画俳優のようなのだ。
 そんなステキなYさんなのだが、一つだけ問題があった。
 お辞儀の仕方がちょっと変なのである。
 どういう風に変かというとこんな感じである。

 そうなのだ。Yさんのお辞儀は、腰を曲げ背中を伸ばし傾けながら、顔を前に突き出す感じになっているのである。顔は一切倒さない(下を向かない)のだ(-_-;)


「お世話になります」「ありがとうございます」「よろしくお願いします」などと言いつつ、顔をぐぐいっと前に出すので、私はかなり違和感を覚えていたのだ。
 何故だろう?と不思議に思い、私は意を決してYさんに訊いてみたのである。
「ねぇ、どうして顔を突きだしてるの?」
 え?!とYさんは一瞬驚いたような顔をして
「そ、そうですかぁ?!そんなことないと思いますよ」
嘘を言う時の顔をした。
 Yさんは超真面目で正直な性格なので、嘘を言う時には丸々顔に出るのだった。
 ははーん。私は一瞬で理解した。Yさんが気にしていることがあったのである。Yさんは頭頂がかなり薄いのだ。地肌が透けて見えており、もうかなり危機的状況と言っても過言ではないのである。
 なるほど、これは「頭頂NG仕様」のお辞儀なのだな。
 二枚目のYさんは自分の薄い頭頂を相手に見られたくないのだろう。それで結果として顔出しお辞儀になっているのだ。
 しかし、これはビジネスマナーとしては相当問題である。Yさんの気持ちは痛いほど分かるが、私は心を鬼にして「頭頂NG仕様」お辞儀の全面禁止を告げたのだった(-_-)

 しかし本当にお辞儀一つで、お客様の印象が変わりプラスにもマイナスにも作用するのだから決して軽んじてはならないのである。
 ビジネスマナーにおいては、基本を知っていて、それに沿って行動しているかどうかは相当重要である。
 知らず知らずに出来ている場合も多いが、意識することで更にスキルは上がって行くものだ。結局サラリーマンも基本が大事なのである。
 その意味では「お辞儀を制する者はサラリーマンを制す」と言えるのではないだろうか<m(__)m>



<ご投票をお願いします<m(__)m>>
サラリーマン総合研究所定期アンケート調査実施中!
サラリーマンが一度でいいから上司に叫んでみたいセリフ選手権
「おまえがやってみろ!」を「辞めてやる!」が追う展開か?!

さすが!と言われる ビジネスマナー 完全版

高橋書店
売り上げランキング: 1,930

0 件のコメント:

コメントを投稿