2017年4月19日水曜日

サラリーマンの節約術完結編14~16を一挙公開!/節約術その13

14 ポイント交換・交換サイトの活用
~ポイントは相互に交換も可能なんです!~



「ポイント交換サイト」ってご存知ですか?
 共通ポイント、電子マネーポイント、クレカポイントの他にも、大小様々なポイントサイトが存在しています。

 ポイントサイトでは商品の購入や会員登録、クレカの申し込み、スマホアプリのDL、アンケート、CM視聴、友達の紹介など様々なコンテンツの条件をクリアすると一定のポイントが付与されます。
 ポイントサイトの数はおそらく100以上あるものと思われますが、中には怪しいサイトもあるので一定の注意が必要です。

 サイトで運営している内容はほとんど一緒で、集客しクライアントの販売促進を行い成功報酬的なフィーを取っているのだと思います。
 これらの多様なポイントサイトのポイントを交換しまとめる仕組みがポイント交換サイトです。
 これらのサイトでは皆さんが獲得したポイントを一旦登録しますので、安全性の高いサイトを選ぶ必要があります。

 ポイント交換の大手サイトは、PEX、PointExchange、Gポイント、ネットマイル、ドットマネーの5つです。それぞれしっかりした企業が運営していますので、安全性は確保されていると思います。
勿論すべてのポイントが相互交換できるわけではなく限定的です。
 しかし、貯まったポイントを無駄にしないためにも一度チェックしてみる価値はありますよね。


 
 また、
正規の共通ポイント、電子マネーポイント、クレカポイントのサイトからもネット上で他のポイントに交換できるようになっていますので、それも併せてチェックしてみましょう。

 例えば、JALのマイルとPontaは相互に交換できます。リクルートポイントはPontaポイントと交換できますので、JALマイルとも交換できることとなります。
 また、TポイントはANAのマイルと相互交換可能です。
JCBのokidokiポイントなどのクレカポイントもnanacoに交換したら6倍、Tポイントなら5倍など、交換時期によって倍率が異なることがありますが、一定高額の交換が可能です。


 このように目指すまとめたいポイントに合わせて、交換を前提にポイントを貯めていくことも出来るんです。
 年に一回の旅行、豪華なグルメなど、しっかりした目的があればきっと楽しみも倍増するのではないでしょうか。
 それから、実はポイント交換サイトを使って、ポイントを現金化することも出来るんです。

 一定の手数料は取られますが、ポイント交換や現金化などポイントの世界はどんどん進化していますね。


🔦ポイントのポイント14:ポイントは相互に交換できる場合があります。一度チェックしてみましょう!




15 まとめ

~高還元クレカと交通系クレカの2枚持ちが正解!~

 クレカは、ショッピングなどに幅広く使う高還元クレカであるリクルートカードなどのメインクレカと、他のクレカでは代用できない交通費を決済する交通系クレカの「ビュー・スイカ」カードなどの2枚を活用するのが効果的です。
 総合型のクレカと交通系のクレカの併用が基本、ということですね。
 Suicaが使えるものは「ビュー・スイカ」カードのSuicaで払うのが、1.5%還元ですので、一般的にはクレカで払うよりおトクと言えます。共通ポイントとの二重取りも出来ます。
 しかしSuicaで払えないものも多いので、その場合はリクルートカードなどの高還元カードで支払います。共通ポイントカードが使える場合は極力二重取りしましょう。



 例えばファミマではTカードを提示しリクルートカードで決済で0.5%+1.2%=1.7%獲得、ローソンではPontaポイントまたはdカードを提示しリクルートカードで決済=1.7%獲得、セブンイレブンではリクルートカードでチャージしたnanacoで決済=2.2%獲得など、ポイントを取り逃がさず積み重ねて行くことが大切です。


 また、クレカで払えないものも極力クレカチャージしたnanaco払いで対応すれば、常に最低1.2%のポイント(リクルートカードの場合)は確保できます。

 貯めたポイントの使い道は特に重要です。
 家計費の圧縮なら水や米などの消費財の購入、旅行、グルメなら一定期間貯めておいて豪華に使う、など、使用目的を明確にしておくといいですね。

そして、ポイントの罠を忘れずに!

 ポイントサイトからの優待セールや期間限定ポイントの付与などの案内が頻繁にメールで来ますので、不要なものをついつい購入しがちです。ポイント貯蓄目線ではなく、ともかく必要な物だけを買うというスタンスは常に忘れずに!


詳細とお申し込みはこちらから
(今なら、最大6,000ポイントプレゼントキャンペーン中)
リクルートカード公式サイト↓
https://recruit-card.jp/introCampTop/?introId=3hB5zqu0





「ビュー・スイカ」カード公式サイト↓
https://www.jreast.co.jp/card/first/viewsuica.html

🔦ポイントのポイント15:高還元カードと交通系カードの2枚持ちが効果的です!


16 さぁ、更にもう一歩踏み込んでみましょう!

~節約に必須な家計簿。マネーフォワードなら出来るかも!~


 さて、ここまで「ポイント」のことに関して記載して来ました。
 様々なポイント制度が運営されており、それを自分に合った形で活用することが節約にもつながり、また目的意識を持ってポイントを貯めることで豊かな生活にもつながって行くことをご理解いただけたと思います。

 でも、実は「ポイントを貯める」という行為の本当の価値は別なところにあるのではないかと考えています。
 それは「意識が変わる」ということなんです。

 貯蓄ってなかなか難しいですよね。忙しい日々の中で、また様々な環境の中で、コツコツ小さなお金を節約して貯めて行くなんてなかなか出来ることではありません。
 しかしそれがポイントなら出来るんです。公共料金や電話料金などは一旦クレカ払いに切り替えてしまえば、あとは自動的にポイントが加算されて行くだけです。
 今まで現金で払っていたコンビニやスーパーなどでの買い物も、電子マネーやクレカを出すことに変えるだけでいいんです。  
 生活の根本は変えずにやり方や仕組みを変えるだけで実質的に貯蓄が出来るなんてとても簡単で素晴らしいことですよね。



 さぁそこでもう一歩踏み込んでみましょう!
 家計簿の問題です。

 貯蓄を増やしたいと思っている人は多いものですが、家計簿をつけている人はそう多くはありません。めんどくさいですもんね。
仕事やご家庭の用事などでへとへとになってるのに、レシートをひっくり返したりしながら家計簿を付けるなんてとても無理!と考えている方が多いのではないでしょうか。

ところが今はとても便利で簡単な家計簿があるんです。
それがスマホアプリの家計簿です。
特に人気の「マネーフォワード」は、支出があった都度、食費、日用品、交通費、医療費、住宅、光熱費、交際費という項目をタップしてポンポン入力していくだけです。

<参考:マネーフォワードの一画面>

 収入は、給与、一時所得、その他入金、事業・副業から選択します。めんどくさがりの筆者がさほどストレスなく出来ていますので、相当簡単です。
 銀行預金や各種ポイントカードとのリンクも可能ですが、まずは単純に月毎の項目別収支を把握することから始めてはいかがでしょうか。
 筆者はポイントを「その他入金」の項目で管理しています。月にトータルでどれくらいのポイントが貯まったかを知っておくのは小さな達成感もあり何となく楽しいですよね。

 さて、このようなことに取り組んでいると不思議なもので自然と意識が変わります。貯蓄や節約に対する目的意識が生まれて来るんです。このことはとても大切で大きな効果だと思いますし正直サプライズでした。自分にそんな感情が生まれるなんて思ってもみなかったからです。

 例えば1日300円というような金額はある意味どうでもいいくらいの金額だと思います。
 そのくらいなら使っても使わなくてもどうでもいいですよね。
 でも300円は1年間なら109,500円、30年なら3,285,000円になるんです。

 ポイントを貯めるのは1円をコツコツ貯めるような本当に小さなつまらない行為です。
 でもスマホ家計簿などを使って残高を管理して行くと、きっとそれが大きな金額につながっていることが少しづつ自然に理解出来るのではないでしょうか。

 意識が変わり行動が変わり、習慣が変われば運命が変わるって言いますよね。
小さなきっかけや行動が習慣となることで運命までを変えるなら、 ポイントが人生を変えることもあるかも知れないですね。



 それでは、ポイントを有効に最大限に活用し、楽しく豊かな生活を築いて行きましょう!

🔦ポイントのポイント16:スマホ家計簿の「マネーフォワード」なら簡単に収支把握が可能!チャレンジしてみてはいかが?


※本コンテンツ全編はこちらに収録されています。

「サラリーマンの節約術~習慣を変えるだけで数百万トクをするポイントの話~」





サラリーマンの王道(4コマ漫画&エッセイ)過去記事リンク集はこちら

0 件のコメント:

コメントを投稿