2017年6月8日木曜日

秋田屋/浜松町:超居酒屋レビュー!浜松町謎の人だかりの正体は?/ラーメン・居酒屋の王道




居酒屋世界遺産があれば認定Σ(゚Д゚)?!

秋田屋はオヤジの殿堂だぁ!



登場人物:私=キャプテン福田(くわしね会会長)、岡田=ガガーリン岡田(くわしね会副会長)/くわしね会=全日本食わずに死ねるか国民連合会


 浜松町、大門のあたりに夕方いつも異様な人だかりがあり気になっていたので、今回遂に潜入調査してみました(^.^)


(^.^)本日の記事の目次


👉浜松町で待ち合わせ、店へと向かった


👉いよいよ入店!


👉へ?!30分で帰るのぉ(◎_◎;)???


👉絶対に外せないメニューは?!


👉衝撃の結末へと雪崩れ込んだ!!


👉哀愁のエピローグです・・・( ノД`)・・・



👉浜松町で待ち合わせ、店へと向かった



 夕暮れの浜松町、大門地区にはいつも異様な人だかりがある。

 何度か通りかかり一体何事?!と思っていたのだが、今回は遂にその正体を突き止めるべく、私と岡田は「秋田屋」に潜入調査を敢行することとしたのである。

 待ち合わせはJR浜松町駅改札口15時30分。

 何故こんな中途半端な時間を設定したかと言えば、ターゲット店の開店時間が何とこの時間なのである(-_-)

 7分前くらいに私が改札口に赴くと既に岡田は来ており、暇そうにスマホをいじっていた。

 そうなのだ。オヤジは待ち合わせ前にたいがい集合するものなのである(^^;

 じゃぁ行ってみっか、てな感じで店へ向かう。
 4分ほどで着くはずである。

 まだ陽も高いビジネス街を二人で歩く。
 すれ違うのはだいたいサラリーマンだ。
 我々はラフなカッコをしたオヤジ二人組である。
 なんだか肩身が狭いのだ(-_-;)

 少しうつむき加減に店に到着。
 あれ?!行列が(*_*;
 時計を見ると15時29分。開店直前に着いてしまったのである。
 行列は10人ほど。

 ほどなく開店。お店のおにいさんが1階、2階と振り分けて行く。
 我々は「次のエレベーターで2階に上がって」と言われる。

 初めての店だし、そもそもオヤジ初心者なので何だかオタオタしてしまうのである(-_-;)



👉いよいよ入店!


 2階に上がると、6人掛けのテーブルの奥に向かい合わせに座るように言われる。
 ふぅーと安堵のため息をついて椅子に座り生ビールと煮込みを発注。

 私は「煮込みどーふ」。

 岡田は普通の「煮込み」である。
 もつが新鮮でシンプルな中にも深い味わいがあり美味い!
 ビールが進むのである。


 やや煙い感じの写真だが、確かにやや煙い(^^;

 なんだかよくわからないので、「もつやき」の右から、「てっぽー」、「ればー」を発注!

 
 おおおお~!デカイ!
 炭火で焼いたこの風情も見事!!
 うむむむむ、と岡田が唸る。
 う、美味いぃぃぃ、と一言もらす。

 続いて、「たん」、「はつ」。


 この辺でハイボールに移行したのだが、隣に相席の30代くらいのサラリーマン二人組が座る。

 な、何だ、こんな時間にぃ?!(大きなお世話ですね(^^;)

 会社帰りのようにも見えるが、仕事中のようにも見える。
 出張中かもな、などと想像してみたりするのである。

 3時50分で席はほぼ満席。
 しかし6人掛けには、ハジに4人だけ座らせている。



👉へ?!30分で帰るのぉ(◎_◎;)???


 16時になった時ちょっと驚くことがあった。
 隣の席の中年のカップルが、「お勘定!」と言ったのである。

 え?!30分で帰るのぉ?!
 二人は当たり前のような感じで帰って行った。

 ふーむ、なるほどなぁ・・・。我々より前に行列に並んでいた人だったのだが、こんな感じで来てるんだなぁ・・・。

 続いて、「なんこつ」と「いかやき」を発注。

 
 食感がステキだし、ともかく「焼き」が素晴らしいのである。

 「いかやき」には、しょうがとおろし付き。


 だいぶ酔っぱらって来た16時15分、何と相席のサラリーマン二人も「お勘定!」と言って帰って行ったのである。
 滞在時間およそ45分なのだ・・・(-_-;)


👉絶対に外せないメニューは?!


 ここで名物の「特製たたき」を遂に発注!
 おひとり様一本まで、という貴重な品である。


 これめっちゃ美味い!
 軟骨のコリっとした食感も楽しめ、肉の味が濃い。
 手間がかかった逸品である。
 おひとり様一本も納得なのだ(^.^)




👉衝撃の結末へと雪崩れ込んだ!!


 更に「ししゃも」を発注。
 生姜がステキ!


 にらのおひたしは、シンプルだが箸休めにGOOD!



 17時、ジョッキのハイボールをグビグビ飲んで調子に乗っていた我々に衝撃が走った。

 寄って来たお店のおにいさんがこう言ったからである。
「お客さん、ラストオーダーですけど・・・」

 ら、ラストオーダーΣ(゚Д゚)???

 何と17時に衝撃のラストオーダーである。

 2時間制だったみたいなのだ(-_-;)

 驚きながらも、悪あがき的にねぎやき発注。


 「がつ」と「かしら」も最後に追加。


 ここの焼き物は全体的にデカくて迫力が違いますね。
 昔ながらの焼き鳥屋の良さを今に伝える歴史的な風情があるのだ。
 うーむ、居酒屋世界遺産があれば認定は間違いないのである。




👉哀愁のエピローグです・・・( ノД`)・・・

 勘定をすると二人で9,000円。散々飲み食いして満腹である。
 満足満足(^.^)

 外に出ると、立ち飲みで20人ほどが店外にいたのでまたびっくり(◎_◎;)
 うーむ、浜松町の秋田屋恐るべし!

 しかし駅に向かうと時刻は17時半である。
 は、早すぎる・・・(-_-;)

「カラオケでも行くぅ?」と岡田に言うと、「バカ言ってんじゃないですよ!何が悲しくてオヤジ二人でカラオケ行かなくちゃならないんですかぁ!」と、かなり強く反論され恥ずかしくなる。

 その意見は正しい。全く正しいのである。

「そ、そうだよな。あはは・・・」
 力なく笑いながら歩を進める。

 しかし私の心がこう叫ぶのだ。

 でもさぁ、まだ5時半なんだよぉぉぉぉ!



住所:港区浜松町2-1-2
経路:JR浜松町、東京メトロ大門より徒歩2分
営業時間:15:30~21:00(月~金)
       15:30~20:30(土)
定休日:日、祝
席数:54席

食べログ公式→https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131401/13001499/

0 件のコメント:

コメントを投稿