2016年10月24日月曜日

スーツ問題/咆哮のオピニオン編その5


<作画:みやかね・にわとり>

スーツ問題
~スーツはサラリーマンの顔なのだ!~


 スーツはサラリーマンの作業着と言われる。特別なものではなく毎日出社するために着て行くのだからテキトーなもので良いのだ、という意味だろうか。しかし毎日着て行くだけに自身の人柄を表しているとも言え、なかなか軽んじる訳には行かないのだ。

 スーツだけではなく様々な製品に共通しているのは、高いように見えるものは高く、安いように見えるものは安いということである。あれはどうしてなのか。わざとそうしているとしか思えない。値段なりの製品にしておかないと消費者が高い商品を買わなくなるからなのだろうが、見事に差を付けるものである。それも値段に応じて段階的にしっかり差が付いているように感じる。3万、5万、7万、10万のスーツが並んでいたら、値段順に並べるのは比較的容易なのだ。

 だからと言って別に高い物を買うべきと言っている訳ではない。人に好印象を与えることを意識すべきと言いたいだけである。たまにシワシワのツルンツルンのテカンテカンのスーツを着ている人を見かけることがあるが言語道断である。自分が着ているものは、常に相手が自分を判断する材料の一つとして関心を払っている、ということを意識しなくてはならないのだ。
 特に営業マンは身だしなみが大切である。スーツは「サラリーマンマンの顔」とも言えると思う。ズボンに線がないなどというのはとんでもない話なのである。

 昔、上司が線のないズボンを穿いていたことがあった。一緒にお客様のところに行ったら、そのお客様から後から電話がかかって来て、「あなたの上司は線のないズボンを穿いていたが、奥さんはいないのか」と詰問された。それくらいズボンの線は注目されていたのだ(@_@)

 ズボンの線と言えば、高校生までは寝押しをしていた。若い人は何のことか分からないのだろうが、敷布団の一枚目と二枚目の間にズボンを挟んで寝て、体重で線を付けるのである。静かに寝ていれば上手く線が付くが、私のように寝相が悪いとくちゃくちゃになったりして悲惨な目に遭うこともあったのだ(*_*;

 その後登場したのがズボンプレッサーである。これは画期的であった。おー、これで寝押しから解消されると小躍りした。各家庭に一台ズボンプレッサーがあった時代があるのではないか。しっかり線が付いて良いのだが、たまにセットを失敗して線が二本付くことがあり難儀した。
 この二本線も結構大問題で、朝時間がなく、えーい、ままよと二本線を分かっていながら会社に行ったりすると、必ず上司から指摘され恥ずかしい思いをしたものである。なので、プレスの失敗はどうしても直す必要があるのだが、慌ててもう一度プレスした挙句にまた失敗し三本線になったことがあった。一瞬そのまま会社に行って「アディダス!」とギャグを飛ばすことが脳裏を掠めたがそんなことが出来るはずもなく、結局そのスーツは泣く泣くクリーニング屋送りとなった(=_=)

 ところがである。なんと近年のズボンは線が消えないのだ(゚Д゚)ズボンプレッサーは家にあることはあるのだもう何年も使っていない。まったく平気で穿き続けられるのだ。これは驚異的である。
 多分新しい技術で加工してあるのだと思うが、(失敗しないかな。大丈夫かな)と思いながら毎日プレスしていた日々を思えば、隔世の感がある。それほどズボンの線問題は切実であったのだ。

 上下間違い問題もある。私は40年のサラリーマン人生で2回だけ間違えた。上着とズボンが違うスーツで出勤したのだ。間違えるくらいだから勿論同じような色で、一目で分かるわけではない。しかし何となく微妙なのは最もカッコ悪いとも言える。会社に行って間違いに気付いてからは、なるべく上着を着ないようにそーっと仕事をしていたような記憶がある。

 しかしこんなのはまだましな方で、青森にいた頃の先輩Hさんは会社に着いてコートを脱いだら下がパジャマのズボンのままだったことがあった。Yシャツにネクタイはちゃんとしてるのに、相当慌てていたか、前日相当飲み過ぎたかだったのだろう。大都市と違い家が近かったので先輩はそそくさと着替えに帰ったのだった。

 上下間違いなどは言うに及ばずだが、ともかくスーツ、Yシャツ、ネクタイなど、仕事着は清潔感が大事である。あなたが思っているよりも、周囲はあなたの服装を見ているものなのだ。
 それを意識して、服装にちょっと気を使うだけでも、何だか気持ちまでシャキっとするから不思議なものである。

 気合を入れなくてはならない重要な仕事がある朝は、気に入ったスーツやネクタイを選ぶものだ。勝負スーツ、勝負ネクタイである。私も随分助けてもらったスーツやネクタイがある。
 これさえ着てけば絶対大丈夫!と思い込むことで自信にもつながっていた。
 しかし逆もある。失敗した日に着ていたスーツやネクタイは次回着用するのに躊躇してしまう。何かあったらイヤだなぁと避ける気持ちが生じるのだ(=_=)

 そうしているうちに、ラッキースーツやラッキーネクタイの稼働率がどんどん上がり、アンラッキースーツやアンラッキーネクタイは在庫と化す。
 不経済だが仕方がない。毎日戦場へ向かうのだから、戦闘服は自分の身を守る大事なアイテムとしてしっかりと選ぶべきなのだ。



今月のサラリーマンソング「日本全国お前がやってみろ音頭」はこちら

連続サラリーマン小説「地球最期の日」はこちら
http://syousetsuyomuyomu.blogspot.jp/
小説主題歌「地球最期の日」はこちら
https://youtu.be/KieyOm3X22s
サラリーマンソング配信サイト「サラリーマン総合研究所」はこちらhttp://fcb.webcrow.jp/


0 件のコメント:

コメントを投稿