2016年12月9日金曜日

「一週間単位で考える」会社に行きたくない人必読!4コマ漫画つき!/サラリーマンの王道・破竹のビジネススキル編その8

<作画:みやかね・にわとり>

 朝起きると、(会社行きたくないなぁ)と思いますよね(-_-;)
 そんな気持ちをラクにする方法を書いてみましたので、参考にしてみてくださいね(^.^)


👉はじめに:みんな会社には行きたくないんだ!

 会社に行きたくないと切に願っている人はどのくらいいるのだろう。まぁほとんどの人は会社には行きたくないと思っているに違いない(-_-;)
 今年のお正月明け、出社初日の朝8時のツイッターの1位は「会社行きたくない」であったが、正月やGWなど本当に長い休みの後などは最悪である(-_-;)
「金曜日は羽の靴、月曜日は鉛の靴」という言葉があるが、正月休み明けは鎖の付いたコンクリートの靴であろうか(=_=)



👉だってそもそも仕事は楽しくないもの!



 仕事は楽しく!と言う上司がいるが、楽しく!とわざわざ言うくらいなのだから、そもそもほとんどの仕事は楽しくないものなのである。
 仕事はまぁまぁ楽しいが対人関係がイヤ、という人も多い。上司や同僚との人間関係が崩れていると、ものすごいストレスを感じることがある。仕事そのもののストレスより精神的には苦しいのではないかと思う。
 そんな様々な「会社行きたくない病」を克服するには、自分の気持ちの持ち方を変えるしかない。逆に言えば気持ちの持ち方一つで変えることができる場合が多いのだ。


 性格に合わない営業マンを仕事にしてしまった私は、若い頃は毎朝本当に会社に行くのがイヤだった。
 毎朝毎朝ベッドの中で(今日は休もうか)とか(もう辞めちゃおうか)とか(突発的なことで会社が無くならないか)とか、飽きもせずに同じことばかり考えていたのである。学校に行きたくない小学生そのものである(/ω\)



👉しかしこのままではいけない!メンタルを鍛えねば!


  ある時にこれではいかんと思った。行きたくないのは行きたくないのだが、そうは言っても行かないわけにはいかない。メシを食うには働くしかないのだ。これはメンタルを鍛える必要があると思うに至った。
 鍛えると言っても、私の場合くよくよしがちな生来の性格がある。急に強くしたりするのは無理だ。ならばテキトーにあしらう感じが良いのではないだろうか。
 そこで編み出した一つの手法が、以前に記した「忘却力の強化」であった。
破竹のビジネススキル編その1「忘却力」




👉そして最終的にたどり着いたのが「一週間単位思考法」です!

 これは、「ともかく一週間単位でコマ割りし、現在のコマ以降のことは考えないようにトレーニングする」という何とも現実逃避的、短絡的かつ場当たり的な解決法なのであった💦

 勿論まったく考えないわけには行かない。予定表は3ヶ月前からちょびちょび埋まって行ったりするのである。
 また当然、どうしても来週以降のことを考えざるを得ないこともある。来週の商談や会議の打ち合わせ、などというものも入ってくる。それは仕方ない。だが、来週の月曜日の朝に考えれば間に合うことは今週はともかく頭から除外するのである。

 会社に行きたくないのは悩みが多いからだ。成績やトラブルや揉め事など、様々なマイナスの事案が頭から離れない。なので、まずマイナス事案の量を減らしてしまえ、ということである。
 しかしそう簡単に出来るわけではない。頭にこびりついた来週以降のマイナス案件を頭からひっぺがしとりあえず保留の箱に入れてしまうのには、トレーニングが必要なのだ。
 



👉忘れようとせず、頭の中の保留の箱に入れる!

 会社を出たら仕事のことは忘れる、という人がいるが、そんな芸当が出来るはずはない( `ー´)ノ
 特にイヤなことやトラブルは忘れようとすればするほど頭から離れないものだ。
 だから忘れようとしてはいけない。保留の箱に入れしばらく保管するのである。
 しかもそれは、出した時に考えれば間に合うものだけを入れる箱なのである。
 これはやってみると段々出来るようになる。上達して行くのが分かるのである。上達すればどんなことでも嬉しい。嬉しくなるともっと頑張ろうと思う。何事も同じなのだ(^^;)




👉まとめ:トレーニングしてみたら、ホントにできるようになりました(^.^)


 あんなにくよくよ先のことで思い悩んでいた私は、いつの間にか、基本今週のことでしか悩まない男に成長したであった。


 やっぱりトレーニングしてみることが大事!  これを成長と呼べるのかどうかは分からない。しかし、このような繰り返しが精神をタフにし性格を変えて行くのなら、大いなる成長と言えるのではないのだろうか。

 ともかく、どんなことがあっても追い詰められない自分を作ることが大切なのだ!


0 件のコメント:

コメントを投稿