ファミマVSセブン親子丼ガチンコ実食対決2019!カロリー糖質も比較/コンビニ研究本部新ジャンル調査室 | サラリーマン総研

2019年4月24日水曜日

ファミマVSセブン親子丼ガチンコ実食対決2019!カロリー糖質も比較/コンビニ研究本部新ジャンル調査室



ファミマリニューアル!ファミマVSセブン!究極のチルド親子丼ガチンコ対決!どっちが美味い?!



2019年4月!ファミマリニューアル!コンビニチルドの親子丼めっちゃ美味いと評判です!そこでセブンイレブンの「炙り鶏の特製親子丼」とファミリーマートの「鶏の旨み!ふんわり玉子の親子丼」を、値段、カロリー、糖質を含め実食比較!とちらが美味しい?どちらを買うべき?!まるっと分かるキャプテン福田の実食レビュー!









(^.^)本日の記事の見出し


👉コンビニのチルド親子丼超美味いと評判です!


👉ファミマの「鶏の旨み!ふんわり玉子の親子丼」です!


👉セブンの「炙り鶏の特製親子丼」です!


👉ファミマの親子丼実食します!


👉セブンの親子丼実食します!


👉どっちが美味い?どっちを買うべき?








👉コンビニのチルド親子丼超美味いと評判です!

 コンビニのチルドの親子丼が超美味いと評判だ。

「店より美味いのでは?」とまで言われているのである。

 勿論美味くない店よりは相当美味いし、超美味い有名店には劣るのだろうが💦それでも食べて、え?!っと衝撃を受ける美味さではある。


 以前にフジテレビで放送された「ニッポングルメ番付!セブンイレブン人気商品ベスト40」では、親子丼が並みいる強豪を押しのけ堂々の8位にランクインしたのだ。

 そして性別、年齢別には、何と20代の女子に圧倒的支持を受けていると言うではないかΣ(゚Д゚)!

 女子に人気ということは、その美味しさは折り紙付きということなのだ。


 しかしセブンが美味いと言うならファミマだって負けてはいないのではないか。

 また、「マツコの知らない世界」の親子丼特集を観ていたら、全国丼連盟理事の伊藤さんという方が、絶品親子丼を紹介していたが、その中に、セブンとファミマの親子丼も登場していたのである(;゚Д゚)


 そこで今回、ファミマとセブンの親子丼で実食比較対決を実施してみることにしたのである。

  果たして美味しいのはどっち?
 買うべきはどっち(◎_◎;)?!







👉ファミマの「鶏の旨み!ふんわり玉子の親子丼」です!

【レンチン前の画像!真ん中に卵黄あり!】 
 
 ファミマの「鶏の旨み!ふんわり玉子の親子丼」450円(税込み)である。 


 カロリーは490Kcal、糖質(以下炭水化物量を表示)は85.8gだ。

 ※旧商品は533Kcal、糖質93.0g。

 ちょっと軽めになりましたね。



具材を味付けした煮汁を使用し、玉子を調理する事で味の一体感が感じられる仕立てです。製法を見直す事で加熱時間を短縮し、たまごのふんわり感をアップしました。(ファミリーマートサイトより)


 製法を見直してたまごのふんわり感アップ(;゚Д゚)!
 それは良いですね!
 
 レンジでチンしました。
 
 チンすると卵黄崩れますが💦玉子がとろ~として実に美味しそうである。

 しかし一度で良いから自分でプチっと割りたいものだ(;'∀')

 下段のごはんに具材をかけます。 


 そ~~~~とかけて・・・。


 海苔と七味をかけて・・・。

 完成ですヽ(^o^)丿
【新商品】

前作と比べてみると・・・。
【旧商品】

 あああ~、ホントにたまごのふんわり感アップ!


 かなりつゆだくになった感もありますね!



👉セブンの「炙り鶏の特製親子丼」です!

 
 セブンイレブンの「炙り鶏の特製親子丼」464円(税込み)である。



 カロリーは531Kcal、糖質は90.2gだ。

炙った鶏肉を使った、香ばしい風味の親子丼です。割下のうま味、玉子の濃厚な風味が、食べ進みのよい味わいです。お好みで別添の海苔、七味唐辛子をかけてどうぞ。(メーカーサイトより)
 

 以前のセブンのアピールポイントは画像の中心にある「生玉子の黄身」であった。

 W玉子になっていたのがファミマとの最大の差であった!

 上の画像の真ん中付近を目を凝らして💦見ていただくとお分かりいただける。

 しかし前回ファミマがリニューアルして追随(◎_◎;)!
 
 
 この卵黄トッピングは正に高級店の親子丼の風情なのである。
 
 また、セブンは七味は上蓋に七味ポケットがあり収納されている 



 セブンは先に卵黄トッピングを行っており、また細かい配慮にも優れており好印象と言わざるを得ないであろう(;'∀')

 更に今回は「鶏を炙る」という大技に出たのである(;゚Д゚)


 それではこちらもごはんにかけます!
 
 七味とのりをかけて・・・。

 こちらも完成です!






👉ファミマの親子丼実食します!


 鶏肉は柔らかさの中に適度の歯ごたえがあり旨みも十分。
 だしの風味が染みて美味しいのである。

 玉子もこのとろとろ部分最高!


 甘めのだしの風味が際立つ作品だ。

 玉子のとろとろ感がかなり増して、ワンステップグレードを上げたようにも感じる。


 
 鶏肉とごはんを一緒に頬張れば至福ですヽ(^o^)丿

 そして旧商品はつゆだく感を消していたが、今回はまたつゆだくに戻した印象である。

 関西風で実に美味しいですね!





👉セブンの親子丼実食します!


 セブンの鶏肉は柔らかく噛み応えもあり上質である。

 そして炙ることで香ばしさがプラス(≧◇≦)

 実に美味しいのだ。

 玉子はとろっとしてる部分が特に美味しいが、複数の違った食感が楽しめ非常によく考え抜けれている印象だ。
【玉子がとろっとろの部分】




【ふんわりの部分】

 ごはんの粒立ちも美味しく具材をしっかり受け止めている。

 
 全体的にセブンの作りは非常に丁寧と言えるのだ。

 細部にわたり考え抜かれている印象である。

 完成度が高く、専門店の味にも引けを取らないと感じされる貫禄がある。

 今回(2019年3月)のリニューアルでは鶏肉の香ばしさが鮮烈であり、ややつゆだくになった印象で、更に美味しくなったと感じる。

 これはなかなかスゴイやつです!


セブンVSファミマコンビニかつ丼実食対決2019!カロリー糖質も比較!/コンビニ研究本部新ジャンル調査室

2019年4月!セブンイレブンの「お肉たっぷり!特製ロースかつ丼」リニューアル!ならばってんで、ファミリーマートの「だし香る!ロースかつ丼」とコンビニかつ丼ガチンコ実食対決を開催します!値段、カロリー糖質なども比較!どこが違う?どちらが美味しい?まるっとわかりま~すヽ(^o^)丿






👉どっちが美味い?どっちを買うべき?



 両方相当美味いです・・・(-_-;)

 しかしここまで書いてきて「引き分け~(^^)/」などと言おうもんなら、ふざけるなぁぁぁぁ~!とか言われ炎上のリスクもあるだろう(/ω\)
(多分ないとは思いますが💦)

 ならば決着を付けるしかないのである。

 味としては優劣はさほど感じられない程の完成度の高さだ

 価格は大差ないもののファミマが450円、セブンは464円。

 カロリー糖質はファミマの490Kcal、85.8gに対しセブンが531kcal、90.2gとややボリュームあり。


 ファミマの商品ははつゆだくで甘めの味付けで関西風である。
 王道親子丼の貫禄ある味わいだ。


 しかしセブンは今回、「炙り鶏」で新境地を拓いた!

 この香ばしさにはヤラれました(≧◇≦)

 今回は、飽くなき探求心に惹かれセブンの「炙り鶏の特製親子丼」を推したい<m(__)m>
 ※でもほとんど変わりません💦

 400円台で温かい親子丼がいつでもどこでも(レンジさえあれば)食せる時代というのは、結構スゴイことなのでは?と考えてしまったりする今日この頃である。

 食べ比べも楽しいので是非よろしくです(^^)/


0 件のコメント:

コメントを投稿