2016年10月19日水曜日

筋肉を増やせ/咆哮のオピニオン編その3


<作画:みやかね・にわとり>

筋肉を増やせ
~病気の予防にも、やっぱり大事なのは筋肉なのだ!~


 先日会社のOB会の会報というのが送られて来た。ちょうどその号では米寿、喜寿の特集が組まれており、88歳、77歳の諸先輩からのメッセージが掲載されていた。
 喜寿組はまだ元気な人も結構いるが、米寿となるとかなり苦しい。大病を患い闘病中とか、現在寝たきりとか、本人が書けないので家族代筆とか、そういう先輩もかなり多かった(=_=)
 ところが中にお一人極めて元気な人がいた。まったく悪いところはなく、元気に週3回スポーツクラブに通っていると書いてある。88歳でスポーツクラブは立派だなぁと思い読み進めると、60代からずっと同じ生活をしているようなのである。30年近くずっと身体を鍛え続けているのだ。掲載されている中ではその人が圧倒的に元気だった。

 以前に本ブログで「筋肉は病気治療に有効」と書いた。
※筋肉/動乱のエピソード編その17/2016年9月28
 しかしその後更に調べてみると、予防にも最も効果があるのはやはり運動であるらしい。 
 健康を維持するために重要なのは体温を下げないことだそうだ。体温が下がると血流が悪くなり、白血球の活動が停滞する。その結果ウィルスや細菌に負け病気をしやすくなる。体温が1度下がると免疫力が何と30%も低下するのだそうだ。
 では、この体温が下がる原因は何だろう。その最も大きなものは筋肉量の低下だそうである。筋肉は身体の中で最も熱を作る器官なので、筋肉が減ると体温が下がって代謝も落ちるようだ。そうなるとカロリーが消費されにくくなり内臓脂肪が増えるのである。
 逆に筋肉を増やせば体温が上がり、血流が良くなり白血球が活発に活動する。白血球はウイルスや細菌だけでなくガン細胞までやっつけてくれるのだそうですぞ(^-^)
 んー、なるほど。すごいぞ、白血球さん!どんどんやっつけてくれぃ!と応援する気持ちになる。
 しかし、継続的に運動するというのはスゴイことなんだなぁ、と今更ながら思う。ガンのリスクさえも減らせるのである。
 人間の身体の中で、筋肉の70%は下半身にあるそうなので、歩く、走るなどの運動は筋肉を増やすのに効果的だそうだ。88歳になっても元気な先輩の秘密が分かったような気がした(^-^)

 私も元来スポーツ好きである。休みの日のはだいたいスポーツクラブに行っている。営業職を外れ酒の量が激減したこともあり、この一年で体重が2kg減った。
 先日スポーツクラブで筋肉量を調べてもらったら、5年前のデータと比べ脂肪が5kg減って筋肉量が3kg増えていた。ちょっと驚いた。脂肪5kgといえば凄い量である。200gのステーキ25枚分なのだ。そんなものがどこにあったのかもイメージできないが、確かにウエストはゆるゆるになったから、主としてお腹周りが多いなのかもしれないな。
 私の周りの同僚、先輩も現役を退いたり営業職を外れたりすると例外なく痩せる。太った人は一人も見たことがない。それだけ現役の営業マンは、不規則かつ不健康な生活を強いられているのだろうと思う。
 
 私もこれらの知識を得、さらに意を強くし筋肉増強に取組むことを決意した。そこで「のびーるフィットネス」というトレーニンググッズを購入して来た。これは樹脂で出来たエキスパンダー的な商品である。
 高校生の頃金属のエキスパンダーを愛用していた時期があるが、胸筋を鍛えるべく、上半身裸でぐぐぐーっと横に開いてから戻す時に、油断していると開いたバネが閉じる際乳首を挟む事故が起きることがあった。この痛さといったら本当に筆舌に尽くしがたいものだった((+_+))
 その事故以来エキスパンダーはトラウマになっていたのだが、このグッズなら柔らかく、また形状も一本の棒のようなタイプなのでまったく安心である。所謂、乳首フリータイプエキスパンダーなのだ。このグッズで最近はガンガンに筋肉増強に取組んでいる。

 何事も目的意識を持ってやることが大切である。面倒なトレーニングも白血球がガン細胞をやっつけるイメージを持ってやれば益々身が入るかもしれないな(^-^)


今月のサラリーマンソング「日本全国お前がやってみろ音頭」はこちら


連続サラリーマン小説「地球最期の日」はこちら

http://syousetsuyomuyomu.blogspot.jp/
小説主題歌「地球最期の日」はこちら
https://youtu.be/KieyOm3X22s
ラリーマンソング配信サイト「サラリーマン総合研究所」はこちらhttp://fcb.webcrow.jp/




0 件のコメント:

コメントを投稿