セブンのひれかつ丼(タレ)実食レビュー!タレかつ丼が350円?!/コンビニ研究本部新ジャンル調査室 | サラリーマン総研

2018年5月29日火曜日

セブンのひれかつ丼(タレ)実食レビュー!タレかつ丼が350円?!/コンビニ研究本部新ジャンル調査室



セブンイレブンから「ひれかつ丼(タレ)」新発売!シンプルでめっちゃ美味しいっすヽ(^o^)丿

※本ブログは筆者が美味しいと思った商品のみ掲載しています



セブンイレブンから「ひれかつ丼(タレ)」新発売!和風ソースのタレかつ丼です。ややミニサイズですが350円という安さ!カロリー糖質も控え目で、ランチなどにも最適。まるっと実食レビューします!シンプルにめっちゃ美味しくて驚嘆!詳しくは記事へ(^^)/



(^.^)本日の記事の見出し


👉かつ丼と言えばタレです(;'∀')


👉セブンイレブンのひれかつ丼(タレ)です!


👉実食します!


👉まとめ:果たしてその評価は?!






👉かつ丼と言えばタレです(;'∀')


 かつ丼は玉子でとじるのが基本である。

 しかしかつ丼と言えば「タレに決まってるでしょ!」という人も結構いるのである。

 福井、群馬、山梨、岡山、新潟などでは、タレやソースを使用したものがベースの「かつ丼」なのである。

 その味は地域によってかなり異なる。

 新潟のタレかつ丼は、薄いとんかつを醤油ベースのタレに潜らせる。
 新潟名物タレかつ丼である。

 福井や山梨はウスターソースを使用する「ソースかつ丼」だ。

 岡山ではデミグラスソースをかける「デミかつ丼」が供される。

 地域によっては普通に「かつ丼」と注文するとこれらが出て来る。
 玉子でとじたかつ丼は「卵かつ丼」「煮かつ丼」など別メニューだったりするのである。

 しかも、これらはどれも実に美味しいのである!

 そしてこのセブンのひれかつ丼(タレ)は、果たしてどのタイプのどんな味なのか?

 興味津々なのである(◎_◎;)








👉セブンイレブンのひれかつ丼(タレ)です!


 セブンイレブンのひれかつ丼(タレ)350円(税込み)である。

 少し小さ目のサイズだがかなり安価だ。
「温めてさらにおいしい」と記載の「温め推奨タイプ」である。


 カロリーは465Kcal、糖質(炭水化物量を表示)は81.3g。

 例えばセブンの特製ロースかつ丼は498円でカロリーは711Kcal、糖質は100.8gである。

 本商品はサイズも小さ目だが、安価でかなり軽めである。


豚ヒレ肉を使ってジューシーな食感に仕上げた、ひれかつ丼です。揚げたひれかつを、だしの効いた和風ソースに漬け込んだ、味染みのよい仕立てです。(メーカーサイトより)


 だしの効いた和風ソース・・・ですか・・・(;'∀')
 新潟でも福井でも岡山でもないみたいな・・・💦

 食べてみますね!








👉実食します!

 シートをめくって・・・。

 おおお~~~!
 これは美味しそう(;゚Д゚)!


 ややミニだが、カロリー的には465Kcalとランチなどにちょうどいいサイズ感である。

 いや~~~ソースたっぷりですね(^.^)


 ズームイン!
 このソースの染みたごはんもイカしてますね。


 ひれかつはミッチリとして上質。


 食べると奥深い味わいの甘めのソースがひれかつに染みて、ごはんに実に良く合うのだ。

 ひれかつ自体は、セブンで評判の高い「ロースかつ」と比せばやや薄く迫力には欠ける。
 しかし肉質が良く旨みもあり十分合格点である。

 ごはんは粒立ちが良く、これぞ丼ごはん!というクオリティ。
 たれの染みた部分のごはんも味わい深し。

 箸休めの紅ショウガも名わき役的存在感。

 欲を言えばひれかつの衣にサクっと感が少しでもあれば申し分ないのだが、この価格でそれを言うのは贅沢が過ぎるだろう💦

 しかし完成度実に高し!





👉まとめ:果たしてその評価は?!

 
 おススメします!
 美味しいです!

 和風ソースがめっちゃ美味しく、かつとごはんにベストマッチ。
 食べると自然に笑顔になる味わいヽ(^o^)丿

 何故かというと、多分シンプルだからだと思う。
 シンプルにソースとひれかつを美味しいソースで食わす、というコンセプトなので、心にドーン!と響くのであろう。

 特製ロースかつ丼も実に美味しいが、カロリー、糖質とも重めであり躊躇することがある💦

 しかしこれならちょうどいいサイズ感なのだ。
 しかも350円はちょっと安すぎないですかね。

 ランチなどにも最適!
 かつ丼と言えばやっぱりタレですね(;'∀')

 見かけたら一度お試しくださいねヽ(^o^)丿

0 件のコメント:

コメントを投稿