セブンVSファミマコンビニかつ丼実食対決2018!カロリー糖質も比較!/コンビニ研究本部新ジャンル調査室 | サラリーマン総研

2018年10月20日土曜日

セブンVSファミマコンビニかつ丼実食対決2018!カロリー糖質も比較!/コンビニ研究本部新ジャンル調査室




セブンVSファミマ!コンビニかつ丼ガチンコ実食対決2018!遂に開催!
全然違います(◎_◎;)!



2018年10月!セブンイレブンの「特製ロースかつ丼」リニューアル!ならばってんで、ファミリーマートの「だし香る!ロースかつ丼」とコンビニかつ丼ガチンコ実食対決を開催します!値段、カロリー糖質なども比較!どこが違う?どちらが美味しい?まるっとわかりま~すヽ(^o^)丿



(^.^)本日の記事の見出し


👉かつ丼!それは永遠の人気商品!


👉セブンイレブンの「特製ロースかつ丼」です!


👉ファミリーマートの「だし香る!ロースかつ丼」です!


👉実食対決します!


👉まとめ:果たしてその評価は?!どっちが美味しい?!






👉かつ丼!それは永遠の人気商品!

 日本の食文化は劇的に変化した。
 ラーメンなどはその代表的なものだろう。

 新たな試みで新たな味が創出され、つけ麺や油そばなど過去にはなかった商品が大きな広がりを見せている。

 二郎系や家系などジャンルとして確立した味まで多数存在するのである。

 多国籍料理などもどんどん日常に浸透しており、食文化の多様化は目を見張るばかりなのだ(◎_◎;)

 しかし変わらないものもある。

 進化は遂げているものの、昔と変わらない味が支持を集め続けるメニューである。

 その代表格が「かつ丼」なのではないかと思うのだ。

 先日フジテレビで放映された「ニッポングルメ番付!セブンイレブン人気商品」で、セブンの「特製ロースかつ丼」は並みいる強豪を押しのけ、何と7位にランクインしたのである。

 実は2017年秋のランキングでも5位に入っており、連続のベスト10入りである。

 連続でのベスト10はロースかつ丼以外は「からあげ棒」のみなのだ!

 すごい人気ではないか!

 しかし「特製ロースかつ丼」はセブンの商品の中では比較的高価格であり、またカロリー糖質多めの重たいメニューである💦

 にも拘わらずこの人気なのは「かつ丼」自体のメニューの強さがあるのではないか?

 そこで今回、ファミマの「だし香る!ロースかつ丼」と実食比較し、コンビニかつ丼の魅力を探ってみることにしたのだ!

 ご期待くださいませ~~~ヽ(^o^)丿






👉セブンイレブンの「特製ロースかつ丼」です!


 セブンイレブンの特製ロースかつ丼498円(以下税込み)である。

 
カロリーは665Kcal、糖質(以下炭水化物量を表示)は106.3gだ。


 当たり前だが相当重めの商品である。
 単品で糖質100g超えは珍しいくらいなのだ。



ふんわりとした食感のロースかつ丼です。ひとつひとつを鉄鍋で、高温短時間で調理しました。卵本来のコクが感じられます。(メーカーサイトより)。




 セブンのかつ丼、親子丼のシリーズは、このとろとろ玉子の商品を作るために、行程にかなり手作業を入れて相当苦労して製作されているそうである。

 パッケージに入れるのも、機械ではとろとろ過ぎて無理であり、一個一個手作業でインしているらしい。

 徹底した拘りが名作を生んでいるのだ!







👉ファミリーマートの「だし香る!ロースかつ丼」です!


 ファミリーマートの「だし香る!ロースかつ丼」550円である。


 カロリーはセブンを遥かに上回る888Kcal、糖質は111.6gである。

 メガトン級なのだ(;゚Д゚)!


豚ロース肉を、肉本来の食感を味わえる仕立てにしました。焼津産かつお節と北海道産真昆布を使用したダシで、より香り豊かな風味が特徴です(メーカーサイトより)。


   かつお節と昆布はブランドもの。
 豊かな風味を目指してダシに拘ったんですね!

 こちらもなかなか期待できる感じで~~~す(^^)/








 

👉実食対決します!


 上段の具材を下段のごはんにかけます。
 ちょっと緊張する💦


 とろっとろの玉子とたれがごはんにも染みて行きますね~(^.^)

 ロースかつかなり分厚いです(◎_◎;)!


  セブンのロースかつは肉が上質である。
 サンド系でも何度か驚かされたΣ(゚Д゚)!


  噛み応えがあり、肉の旨みも十分に感じられるのだ。

 ごはん自体も美味しいし、カツも玉子も、玉ねぎやネギの食感まで考えつくされている名作である。


 ともかく玉子が感動的にとろっとろです!

 文句なし!なのだ(^^)/



 では次にファミマ実食です!


   ファミマは丼が丸いです。
 こちらの方が具材をかけやすいかも💦


  こちらは玉子のとろとろ感はセブンに比し薄いですね。

 昔ながらのかつ丼の風情を残し、クオリティを上げたタイプに見える。

 しかしこれはこれでイイ感じですね(^.^)


 こちらもロースかつは肉厚で噛み応え十分!

 ごはんも粒立ちが良く甘めで深いだしが染みたカツとベストマッチである。



 ファミマのは端の方は玉子がかかっていない。
 玉子やや薄めでカツを味わいたい派にはこちらかも。

 また、だしが甘めなので「親子丼、かつ丼は甘めが好き」という人にも向いている。

 しかしこれもまた美味い!

 味の優劣を論じるのはかなり難しいレベルの対決なのである💦







👉まとめ:果たしてその評価は?!どっちが美味しい?!

 これは迷いますね💦

 双方ともお店レベルの逸品なのである。

 玉子がとろとろが好みなら迷わずセブンだろう。
 一方甘めの味付けが良い人はファミマだ。

 価格的はセブンが498円、ファミマが550円とセブン優勢。

 カロリー糖質はセブンが下回るが、ガッツリ行きたいならファミマとも言える。

 両者ともカツもごはんも実にハイクオリティで満足感がある。

 個人的には玉子とろとろに惹かれるタイプなので💦迷った挙句セブンに一票入れたいと思う。

 しかし食べ比べも実に楽しいです。

 コンセプトの違いが明白なのだ!

 是非一度お試しあれ~~~ヽ(^o^)丿

0 件のコメント:

コメントを投稿