なぜクリスマスには骨付きチキンなの?コンビニ、KFCどこが美味しい?/コンビニ研究本部コンビニチキン調査室 | サラリーマン総研

2017年12月3日日曜日

なぜクリスマスには骨付きチキンなの?コンビニ、KFCどこが美味しい?/コンビニ研究本部コンビニチキン調査室






なぜクリスマスには骨付きチキンなの?どこのが美味しいの?KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)と主要コンビニ骨付きチキンの実食比較検証!




全部出揃ったクリスマスチキン骨付き2018!セブン、ローソン、ファミマVSケンタッキー!どこが美味しい?すべてを実食検証!カロリー、糖質も比較!そもそもなぜクリスマスには骨付きチキンなのかも💦解説します!






(^.^)本日の記事の見出し


👉そもそもなぜクリスマスには骨付きチキンを食べる?


👉ケンタッキー・フライド・チキンのオリジナルチキン

👉セブンイレブンのななチキ(骨付き)


👉ファミリーマートはプレミアムチキン(骨付き)!


👉ローソンは黄金チキン(骨つき)!


👉一覧表でご確認ください!


👉まとめ:クリスマスはどこの骨付きチキンがおススメ?!







👉そもそもなぜクリスマスには骨付きチキンを食べる?





 諸説あるが、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)が頑張った説!が有力とされている。

 クリスマスはキリスト教のイベントでありお祝いの日だ。
 アメリカでは七面鳥を焼いて食べる文化がある。
 かつて日本においては七面鳥は入手困難だった。

 そこで
1970年代に日本に進出したKFCが七面鳥の代わりにフライドチキンを食べましょう!と宣伝を始めたそうである。

 1973年には大々的な宣伝を行い、パーティーバーレルを発売し、
クリスマスは家族でフライドチキンを食べる特別な日!というイメージを作って行ったのである。

 これが見事に成功しクリスマスになると骨付きチキンを食べる文化が定着したのである。

 すごいすごい!
 KFC頑張りました(^^)/

 
しかし何故骨付きなのか?
 骨なしではダメですかね(;'∀')



 そこはイメージの問題であろう。

 クリスマスに食べるチキンは骨を取っ手のように持って食べる、というイメージが定着しているのである。

 流行りのコンビニ骨なしチキンでは何となく物足りないのだ。

 ともかくクリスマスには骨付きチキンなのである。

 それが証拠に、コンビニ骨付きチキンは11月くらいになる発売されるのである💦

 それまでは売ってもいない店が多いのだ(◎_◎;)

 





👉ケンタッキー・フライド・チキンのオリジナルチキン




 ケンタッキー・フライド・チキンのオリジナルチキンである。

 
価格は250円(税込み)だが、本数を増やすと値段が安くなる方式を採用している。

 5本なら1,230円、10本なら2,450円とおトクである。

 
カロリーは237Kcal、糖質は7.9gとなっている。
 衣が薄く糖質低めである。

 切ってみま~す!




 こちらもジューシーかつ力強い肉質。
 シンプルであるが懐かしい、心を揺さぶられる味である。

 そうなのだ!


 
このオリジナルチキンは味を変えていないのである( ゚Д゚)!

「KFC創業者カーネル・サンダースが調理法を完成させた1939年以来、変わることなく受け継がれてきた調理法で、登録飼育農場で育てた国内産ハーブ鶏を使用し、店舗で手づくりしている伝統のフライドチキン」(メーカーサイトより)と頑固かつ自信満々に主張。

  正にこれぞ老舗!
 これぞ王道の味なのである。


 薄い衣とスパイシーかつシンプルな味わい、そして安全性。

 
国内産ハーブ鶏を高らかに主張するのはKFCのみである。




👉セブンイレブンの新・ななチキ(骨付き)


  セブンイレブンの新・ななチキ(骨付き)である。

 値段は298円(税込み)と本記事では最も高額である。


 カロリーは232Kcal、糖質(以下炭水化物量を表示)は10.6gとヘルシー。

 結構ずっしり感があるぞ。

 切ってみます!

 ジューシーで美しい肉質である。

 
食べてみると、衣のスパイシーさがとても素敵である。

「11種のスパイスを使用した香り高く旨味のある味付け。
風味豊かな衣に包まれたジューシーな美味しさ」(メーカーサイトより)なのだ!

 ともかく
衣のスパイシーさが堪らない美味さである。
 肉の噛み応えも素晴らしく、上質さを感じる。

 これは美味い!


 しかしちと高いかなぁ(-_-;)







👉ファミリーマートはプレミアムチキン!



 ファミリーマートのプレミアムチキンである。
 値段は230円。


 カロリーは282.8Kcal、糖質は11.1gだ。


 これは存在感ありますね。
 ずっしり感は随一!

 切ります!


 品質の良さを感じる肉質。
 これはこれで美しいなぁ!

「スパイス・ハーブの増量により風味が大きく向上」(メーカーサイトより)とのこと。


 食べてみるとダイナミックな印象である。

 
衣のザクザクカリカリとした感覚=ザクカリ感が強い。

 衣はスパイシーだが、ななチキほどの味の繊細さは有していない。


 ドーン!と王者の風格で「This is スパイシー骨付きチキン」と主張しているイメージである。







👉ローソンは黄金チキン(骨つき)!

  ローソンの黄金チキン(骨つき)である。

 値段は本記事で最も安い190円(税込み)である。


 カロリーは195Kcal、糖質は7.8g。


 やや小さめなんですね。

 切ってみます!
 これまた感じが違いますね(◎_◎;)

 
肉質はジューシーで力強い感じ。

「世界中から厳選したスパイス&ハーブ使用。ミルクの風味を肉の下味に加えた、まろやかな後味が楽しめる仕立て」(メーカーサイトより)とのこと。

 ミルクの風味を肉の下味、というのが特徴なんだね。

 今年のローソンは衣のザクカリ感もあり、肉の旨みを感じさせる味わいでかなり良い感じですヽ(^o^)丿






👉一覧表でご確認ください!

 価格、カロリー、糖質等成分の一覧表です!







👉まとめ:クリスマスはどこの骨付きチキンがおススメ?!

 悩みます・・・(-_-;)

 各社相当レベルが高いのである。

 歴史と伝統、品質や安全性で選ぶならやはりケンタッキー・フライド・チキンであろう。
 抜群の安定性なのである。

 しかし味で選ぶとすれば、セブンのななチキの衣のザクカリ感と繊細かつスパイシーな味わいは絶妙と感じる。

 しかし価格が高いのはやはり難点だ。

 ファミマの堂々とした味わいも捨て難いが、今回私はローソンを推すこととしたいm(__)m


 理由は価格の安さと味わいのバランスある。

 クオリティも相当上がっており、実に美味しくなってます。


 なので今回私はローソン推しにしときますね!
(あくまでも個人的な感想ですよ💦)




0 件のコメント:

コメントを投稿