2018年7月14日土曜日

ファミチキななチキ(新)揚げ鶏Lチキを徹底比較!カロリー糖質も!/コンビニ研究本部コンビニチキン調査室





2018年版!こんなに違う!コンビニチキン(骨なし)!ななチキ、(新)揚げ鶏、ファミチキ、Lチキ!カロリー、糖質なども含め徹底実食比較!!





《2018年最新版》コンビニチキン(骨なし)主力商品全比較!セブンイレブンのななチキ・(新)揚げ鶏、ファミリーマートのファミチキ、スパイシーチキン、ローソンのLチキ旨塩チキン、旨辛チキンを全実食比較!何が違うの?どれがおススメ?値段は?カロリー糖質は?徹底比較レビューです!まるっと分かりま~すヽ(^o^)丿





(^.^)本日の記事の見出し


👉セブンはななチキ、(新)揚げ鶏とのツートップ!低糖質、低カロリー路線!


👉ファミマは絶対王者!安定の味!


👉ローソンのLチキは低価格、高カロリー!


👉価格、カロリー、糖質のすべてが分かる!主要商品を一覧比較!


👉まとめ:コンビニチキンどれを買うべき?!







👉セブンイレブンは、ななチキ、(新)揚げ鶏とのツートップ!低糖質、低カロリー路線!


 セブンイレブンは大人気の揚げ鶏、新・揚げ鶏(地域別に発売中)ななチキというラインナップ。
 ※2018年7月現在、揚げ鶏は北海道、埼玉、北関東、近畿、四国で発売中、その他の地域は新・揚げ鶏に移行

 

 セブンの特徴は、高価格、低カロリー、低糖質である。

 衣を極限まで薄くして、肉の旨みを生かした商品設計だ。

 ななチキの価格は198円(税込み)と、同種の商品では最も高い

 カロリーは201Kcal、糖質(以下炭水化物量を表示します)は8.9g。
 
 ななチキを切ってみます!



 肉汁溢れるハイクオリティ!


 衣は極限まで薄くしつつ、11種のオリジナルスパイスを使用し、上品かつ奥行きのあるスパイシーさを実現している。

 「三段仕込み製法で肉に旨みと衣の味わいの一体感」を謳っているが(メーカーサイトより)、それが正に実感できる味である。



 揚げ鶏は188円(税込み)。
 カロリーは182Kcal、糖質は7.4g。
 それぞれ同種の商品では最低なのだΣ(゚Д゚)

 揚げ鶏は低カロリー、低糖質No.1のコンビニチキンなのである!

 揚げ鶏切ります!


 こちらはフジテレビで定期的に放映されるニッポングルメ番付セブンイレブン人気商品ベスト40で常にトップ10にランクインしているのだ!



 味付けは塩、胡椒と酒だけというシンプルさながら、肉の旨みを最大限に引き出し、絶大な支持を集めている名品である。

 セブンのラインナップは衣が薄くパリっとしている。
 これが最も大きな特徴であろう。


 新・揚げ鶏(竜田)は何と竜田揚げの商品である(;゚Д゚)!


 竜田揚げと言えばからあげ棒が人気だが、新・揚げ鶏では衣の薄い上質な竜田揚げを採用したのだ。
 価格は188円(税込み)。

 
カロリーは185Kcal、糖質(以下炭水化物量を表示)は9.5gだ。


塩麹を使い、しっとりジューシーな鶏肉を薄衣で手作り感のある揚げ鶏に仕上げました。(メーカーサイトより)
 


 からあげ棒の糖質は13.8gなので、9.5gは相当な薄衣だ。
 セブンの低糖質路線をしっかり引き継いだ商品なのである。

 新・揚げ鶏切ります!

 肉汁溢れるジューシーさも変わらず、軽めの竜田衣がめっちゃ美味しそうである。

 食べてみると揚げ鶏の柔らかくジューシーな肉質はそのままに、衣は薄くパリっとした歯ごたえの竜田に見事に変貌していたのである。

 からあげ棒のようゴツゴツした荒々しさはなく、品の良い竜田だ。

 それでも衣感は従来の揚げ鶏を遥かに凌駕する。



 これは美味しいではないですか!







👉ファミマは絶対王者!安定の味!


  ファミマのファミチキである。
 180円(税込み)。
 カロリーは242kcal、糖質は14.2g。

 ファミチキはコンビニチキン界の絶対王者である。

 何せコンビニ骨なしチキンを最初に開発したのはファミマなのだ!

 2006年の販売開始以来10億個以上が売れているという、コンビニチキン界の巨人である。

 ファミチキ切ってみます!


 ザクっとした感じでキレます💦


 こちらもじゅわっと肉汁零れて、カリっとした衣と柔らかい肉質のバランスが絶妙!
 さすがは絶対王者の風格!

 コンビニチキンはこの衣のザクッ、カリっとした感じ=ザクカリ感だよね~( `ー´)ノってなユーザーも多いと思う。

 この味を創り出したのがファミマなのだから、その貢献度は絶大である。


 そしてもう一つの常設商品がスパイシーチキンである。

 価格はコンビニチキン(骨なし)最安値の150円(税込み)。

 カロリー、糖質は、関東、東海、関西、沖縄県が200Kcal、14.0g、北海道、東北、北陸、中国・四国、九州が194Kcal、14.9gとなっている。

 やや小さめに見えるが、重量は90gとファミチキの80gを凌駕する。

 これで150円はめっちゃ安くないですか(@_@)!

衣は時間が経っても、油切れの良いサクッとした食感です。粗挽き黒胡椒を肉の味付け時に使用することで、スパイシーでジューシーな仕立てにしました。(メーカーサイトより)



 ザクカリっとした衣じゃなくて、サクっとした感じを狙ってるんだね!

 切ってみます!

 これまたジューシーですねヽ(^o^)丿


 食べてみると、食感は衣がサクっとして肉質はジューシーそのもの。

 ボリュームもあり、ピリ辛感もしっかり追いかけて来てGOOD!

 これはコスパ抜群です(^^)/




👉ローソンのLチキは低価格、高カロリー!



  ローソンのLチキである。
 2018年6月にドドーン!とリニューアルした。

 旨塩チキン、旨辛チキン共に160円(税込み)と低価格だ。
 ※10円値上げしました💦

  Lチキのカロリー、糖質はちとややこしい。
 地域で異なるのである(-_-;)

 旨塩チキンのカロリーは321Kcal、糖質(炭水化物量を表示)は12.9gだ。

 だが、北海道地域のローソンではカロリー 297kcal、糖質14.9g、東北・中四国・九州・沖縄地域のローソンではカロリー 275kcal、糖質14.3gなのだ💦


衣をクリスピーにし、すっきりとした塩味にしました(メーカーサイトより)。

 
 クリスピーとはパリパリのことである。
 衣を薄めでパリパリにした感じなのか。

 食べてみますね(^.^)

 切ります! 
 
 肉汁溢れるジューシーさは変わらず(^^)/




 食べてみると、確かに衣のカリカリさがアップしている。
 クリスピーなのである( `ー´)ノ
 以前からLチキは衣のザクカリ感が売り物であった。

 しかし今回は細かく全体的にカリカリしているのである。
 それでいて糖質量をダウンさせているイメージなのだ。


 これはかなりイケているではないですか(^.^)




 続いて旨辛チキンです。



 カロリーは268Kcal、糖質は14.5gだ。

 北海道地域のローソンではカロリー 253kcal、糖質 12.8g、東北・中四国・九州・沖縄地域のローソンではカロリー 238kcal、炭水化物 12.8gだ。



チリペッパーと唐辛子のインパクトのある味付けです(メーカーサイトより)。



 チリペッパーと唐辛子でWの辛さを演出してるんだね。
 相当赤いですね💦

 切ってみますよ。



 またまたジューシー(≧◇≦)


 

 クリスピーさは旨塩には若干劣るが、唐辛子とチリペッパーを使ったピリ辛感は、ズドーンとしたインパクトがありながら深い味わいで後を引く美味さである。



 また、Lチキと言えば忘れてはならないのが「Lチキバンズ」の存在である。

 Lチキを挟む専用バンズとして日本を代表するヤマザキが開発した逸品である。



  価格は絶妙な72円(;'∀')
 カロリーは187Kcal、糖質は31.8g。


 これにLチキを挟むと・・・

 ほら、美味しそうでしょ~!
 これで何と232円(税込み)なんです!

 若者、サラリーマンの味方はローソンのLチキと言っても良いだろう!





👉価格、カロリー、糖質のすべてが分かる!主要商品を一覧比較!


 各社の特徴が一目瞭然である。
 購入時のご参考にいただきたいm(__)m


【関連記事:手軽に痩せるにはコンビニチキン置き換えダイエット(◎_◎;)?!そのメカニズムをまるっと解説しますヽ(^o^)丿】 

コンビニチキンでダイエット!糖質制限に効果的!2018年最新版!/コンビニ研究本部コンビニチキン調査室

最近流行りの糖質制限ダイエット。芸能人の人とかがめっちゃ痩せる時やったりしてるらしいです。ファミマ、セブン、ローソンなどのコンビニチキンが効果的!という噂も!そこでまるっとまとめてみました!2018年最新版!手軽に痩せたい人必読(@_@)!







👉まとめ:コンビニチキンどれを買うべき?!

 
 これは本当に迷いますね💦

 

 しかしそれぞれ各社特徴を明確に出した商品となっており、バリエーションは実に豊かである。


 セブンイレブンは高価格、低カロリー、低糖質路線だ。

 ななチキ、揚げ鶏、新・揚げ鶏とも薄い衣ながら、パリっと感も出しつつ、糖質制限を意識する層までを取り込んでいるのである。

  ローソンは逆を行っている。
 低価格、高カロリー路線なのだ。

 衣のクリスピー感を強烈に主張し、若者を中心に人気を集めている。
 
 更にLチキ専用のバンズ「Lチキバンズ」を併売しており、Lチキを挟んで食べると本当に美味いのである。


 

 絶対王者ファミリーマートは中庸を悠然と行く感がある( `ー´)ノ

 衣のザクカリ感とジューシーな肉の旨みをどこまでも追及しているのである。
 また、最安値のスパイシーチキンをラインナップし、価格志向のユーザーも取り込んでいるのである。


 各社商品の肉質に大きな差はない。

 どれもジューシーで素晴らしい味わいである。

 カロリー、糖質を気にする方はセブン、価格重視でクリスピーさを求めるならローソン、衣のザクカリ感を心行くまで味わいたいならファミマというところか。

 しかしここまで広がったコンビニチキンの世界!

 今後の更なる展開にも期待してま~す!


 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿