ファミマVSセブン麻婆丼対決2018!四川風麻婆豆腐丼VS黒麻婆丼!/コンビニ研究本部新ジャンル調査室 | サラリーマン総研

2018年4月14日土曜日

ファミマVSセブン麻婆丼対決2018!四川風麻婆豆腐丼VS黒麻婆丼!/コンビニ研究本部新ジャンル調査室



ファミマVSセブン麻婆丼実食対決2018!勝手に開催しちゃいま~す!驚愕の違いが明らかに(;゚Д゚)!


※2018年7月発売!セブンの「四川風『赤』麻婆丼」記事は本記事第1項したのリンクから<m(__)m>


2018年4月!ファミリーマートから「醤が決め手!四川風麻婆豆腐丼」新発売!そこでセブンイレブンの「旨辛!四川風黒麻婆丼」と、勝手に実食対決しちゃいま~す!どこが違う?どちらが美味しい?カロリー糖質を含めまるっとまとめましたぁヽ(^o^)丿



(^.^)本日の記事の見出し


👉麻婆丼めっちゃ人気です!


👉ファミリーマートの「醤が決め手!四川風麻婆豆腐丼」です!


👉セブンイレブンの「旨辛!四川風黒麻婆丼」です!


👉実食比較します!


👉まとめ:どこが違う?!おススメはどっち?!







👉麻婆丼めっちゃ人気です!



 麻婆丼人気はすごい。

 安定してず~っと続いており衰えることがないのだ。

 町場の中華料理店の定番メニューだし、高級中華店でも供する店が多い。
 更に専門店もかなり増えて来たのだ。

 ランチ時などに長い行列が出来ており、何かと見てみると麻婆丼の専門店だったりするのである(;゚Д゚)!

 そして人気店はだいたい相当辛い。
 全部のメニューが相当辛い店もあるし、辛さをチョイス出来ることろもある。

 私も入店し、余りの辛さに悶絶したこともある💦

 しかし、最近「コンビニチルドの麻婆丼は既に店の味」という噂がある。

 レンジ専用のチンするだけのタイプである。

 マジっすか・・・(◎_◎;)

 その真相を確かめるべく、ファミマとセブンの麻婆丼の実食対決を行ってみることにした。

 果たしてその真実は(◎_◎;)?!


【関連記事:2018年7月新発売!今度は『赤』(◎_◎;)!四川風『赤』麻婆丼実食レビュー!】

セブンの四川風『赤』麻婆丼実食レビュー!カロリー糖質は?!今度は赤!/コンビニ研究本部新ジャンル調査室

セブンイレブンから「四川風『赤』麻婆丼」新発売!2種類の豆板醤を使い、花椒別添でシビれ感もある本格派!カロリー糖質などを含めまるっと実食レビューします!何故『赤』なのかも記載しました!果たしてそのお味は?!※当ブログは筆者(キャプテン福田)が美味しいと思った商品のみ掲載しています。





👉ファミリーマートの「醤が決め手!四川風麻婆豆腐丼」です!



 ファミリーマートの「醤が決め手!四川風麻婆豆腐丼」398円(以下税込み)である。


 カロリーは553Kcal、糖質(炭水化物量を表示)は85.4gだ。


麻婆ソースを従来品より約15%、麻婆ソースに使用している豚挽き肉を約2倍アップし、具だくさんの仕立てでより一層美味しく改良しました。甜麺醤・豆板醤・豆鼓醤の3種の醤を使用した、辛みと旨みのある味わいです(メーカーサイトより)。


 ソース増量、挽き肉倍増!更に甜麺醤・豆板醤・豆鼓醤の3種の醤!

 相当気合が入りやる気満々の感じなのである!


 それではパッケージから出して二段目のご飯にかけますね。
 この上の段から麻婆豆腐皿を外す時にちょっと緊張しますよね💦



 完成です!
(簡単だ💦)



 たしかにソースも豆腐も挽き肉もたっぷりなのだ。

 これは見るからに美味しそうですね(^.^)









👉セブンイレブンの「旨辛!四川風黒麻婆丼」です!




 セブンイレブンの旨辛!四川風麻婆丼398円(税込み)である。

 ファミマと同額ですね(;'∀')

 パッケージは四角。


 カロリーは590Kcal、糖質(炭水化物量を表示)は92.3gとド迫力!

 ややファミマより重めである。


御飯が進む旨辛の麻婆丼です。挽肉をしっかり炒めて香ばしさを引き出し、花椒を加えて華やかな香りの麻婆ソースに仕立てました(メーカーサイトより)。


  なるほど。
 花椒(かしょう)が決め手なんだね。

 花椒は中国読みだとホアジャオ。

 四川山椒、中国山椒、中華山椒とも呼ばれ、シビれる辛さを持つ香辛料として特に四川料理には欠かせないヤツだそうである。

 相当本格的ですね(^^)/


 こちらは四川花椒をパラパラっと振りかけて仕上げます!

 完成です!


 ファミマに比しソースは少な目だが、とろ~と濃厚な風情である。

 こちらも美味しそうです(^.^)






👉実食比較します!


 ファミマの四川風麻婆豆腐丼実食します!

 醤が決め手!というだけあって、ソースたっぷり!
 オレンジ色が映えます!

 豆腐がふんわりしてますね。


 それではいただきます!



 スプーンで掻き込めば、ご飯が多めのソースを纏い、深い味わいが際立つ。

 これぞ麻婆丼の王道!

 豆腐は上質でふっくら、挽き肉多め。
 辛さは程よい感じで辛すぎない。
 誰もがイメージする美味しい麻婆丼そのものである。

 3つの醤を組み合わせたことで味に深みが出てるんだね!
 これは美味しいです。



 続いてセブンの黒麻婆丼実食します!


 花椒の香りがぷーんと立つ。

 本格的ですね(◎_◎;)


 ファミマに比べソースは少な目だが、ご飯との量的バランスも絶妙。


 食べると専門店的山椒系の辛さがじわ~と来る。
 挽き肉もたっぷり。
 しっかり炒められ香ばしさまで感じる。

  うっへ~~~!
 ハイクオリティです(;゚Д゚)!






👉まとめ:どこが違う?!おススメはどっち?!



 両方超おススメである!

 ファミマのは誰もが知る王道の麻婆丼の味である。
 深みのある醤の旨みで食わせるタイプなのだ。

 ボリュームもあり、辛さも中程度で丁度良い。
 誰が食べても「やっぱこれだよね~」と言う味なのである。


 一方セブンは花椒が香る高級中華、または専門店の味である。

「おおおおお~!」と思ってしまう四川本格の味わいなのだ。

 つまりコンセプトが全然違うのだ💦

 これらを場所を選ばず簡単手間いらずで300円台(398円ですが(;'∀'))で食べられるというのは、ちょっとやり過ぎではないのかい?!と思ってしまうほどである。

 優劣はマジつけ難い。

 どちらもタイプも食べたくなることがあるからだ。

 でも、どうしてもどちらかを選べと言うならセブンが優勢であるが(個人的に山椒好き💦)多分両方リピすると思います。

  気分で選んでくださいね(^^)
 見かけたら一度お試しくださ~いヽ(^o^)丿

0 件のコメント:

コメントを投稿