セブンのふんわりマフィンたまご&ツナポテトサラダ実食レビュー!/コンビニ研究本部パン調査室 | サラリーマン総研

2018年6月2日土曜日

セブンのふんわりマフィンたまご&ツナポテトサラダ実食レビュー!/コンビニ研究本部パン調査室



セブンイレブンから「ふんわりマフィン(たまご)」「ふんわりマフィン(ツナポテトサラダ)」新発売!表面はカリっと香ばしく中はふわもちです!



セブンイレブンから「ふんわりマフィンたまご」「ふんわりマフィン(ツナポテトサラダ)」新発売!表面はカリっと香ばしく、中はふわもち!値段、カロリー糖質などを含め実食レビューします。これはセブンの新たな総菜パンの始まりなのか?果たしてそのお味は?!※当ブログは筆者(キャプテン福田)が美味しいと思った商品のみを掲載しています!



(^.^)本日の記事の見出し


👉ふんわりマフィン(たまご)です!


👉ふんわりマフィン(ツナポテトサラダ)です!


👉実食します!


👉まとめ:果たしてその評価は?!







👉ふんわりマフィン(たまご)です!


 セブンイレブンのふんわりマフィン(たまご)118円(以下税込み)である。



  カロリーは244Kcal、糖質(以下炭水化物量を表示)は28.0gだ。

 同種の総菜パンと比較すれば、安価でカロリーなどもかなり軽めと言えよう。



たまごサラダを挟んだマフィンです。生地はもっちりと弾力があり、生地表面にコーングリッツを付け焼き上げて、香ばしさを引き立てました。(メーカーサイトより)





 あああ~、そうなんだね~。
 この表面の粉みたいなのはやっぱり「コーングリッツ」だったんだね・・・。

 ん?!でもコーングリッツって何だっけ(◎_◎;)?!

 調べてみるとコーングリッツはとうもろこしの穀粒である。
 この細かい粉粉はとうもろこしでした(^.^)





👉ふんわりマフィン(ツナポテトサラダ)です!


 セブンイレブンのふんわりマフィン(ツナポテトサラダ)118円である。


 カロリーは229Kcal、糖質は29.8gだ。

「たまご」と比し、カロリーは少なめ、糖質はやや多めである。


ツナポテトサラダを挟んだ、マフィンです。生地はもっちりと弾力があり、生地表面にコーングリッツを付け焼き上げて、香ばしさを引き立てました。中具のツナポテトサラダはオニオンベースを加え、コクと深みがある味わいです。(メーカーサイトより)



 ツナポテトサラダにオニオンベースを加えたのがポイントのようですね。

 両方とも、表面は香ばしく、中はもっちり感!というのが最大の推し!

 食べてみますね(^^)/







👉実食します!

「たまご」をオープンします!


 結構たっぷり目に入ってますね(^^)

 切ります!

 サックリ切れます。
 表面のこんがり感と断面のもっちり感が見えますね。


 食べると表面の香ばしさが最も印象的である。
 また見た目より塩コショウが効いて、中の具材を引き立てているのだ。

 たまごはセブンで定評のある玉子サラダ。

 しかしサンドイッチで食べるのと比し、食感がかなり楽しい。
 表面のサクっと香ばしい感じと、中の噛み応えのある食感の違いが、新たな味わいを創出していると言えよう。

 これは美味しいですねヽ(^o^)丿


 続いて「ツナポテトサラダ」オープンします!


 思ったよりきめ細かいしっとりした感じですね。

 切ります!


 これも美味しそう!


 食べると、ポテトサラダとツナを合体させた定番の味が、ふんわりマフィンにサンドされ、新たな食感と味に生まれ変わった印象だ。

 しっとりしたツナと、ポテトの小さな塊で、マヨ感のあまり強くない上品な完成された味わいとなっている。

 こちらは「たまご」に比べると、味としてはパンチ力には欠けるが、品が良くしっかり作り込まれた感がある。

 どちらも美味しいですね!





👉まとめ:果たしてその評価は?!

 おススメします!
 美味しいです!

 セブンの新たな総菜パンシリーズの始まりなのか?!
 新しい食感が印象的である。

 マフィンと言えばファストフード系などにもあるが、M社のマフィンをイメージして食べると「もっちり感に欠ける」と思う人もいるだろう。

 そうなのだ!
 こちらは「ふんわりマフィン」なのである。

 ふんわりもっちりで、表面がカリっと香ばしいヤツなのだ。
 軽い塩気が堪りませんヽ(^o^)丿

 特に「たまご」は強力に推したい。
 サンドよりこちらの方が個人的にはかなり好きです。

 カロリー糖質控え目でランチにも最適!
 是非一度お試しあれヽ(^o^)丿

 手がコーングリッツで粉粉になるので若干ご注意を~(;'∀')

0 件のコメント:

コメントを投稿