セブンのコクと旨みソースのコロッケパン2018をレビュー!/コンビニ研究本部パン調査室 | サラリーマン総研

2018年5月12日土曜日

セブンのコクと旨みソースのコロッケパン2018をレビュー!/コンビニ研究本部パン調査室



更に美味しくなったセブンのコロッケパン!「コクと旨みソースのコロッケパン」に2018年5月リニューアル!



2018年5月!また名前変えるんかい"(-""-)"とも思うが💦5回目の改名となるセブンのコロッケパン。しかし安くて美味しいのは変わらないね!更に進化したその美味しさを、カロリー糖質などを含め実食レビューします!旧商品との比較画像も満載です(^.^)




(^.^)本日の記事の見出し


👉よく名前が変わるのだ!


👉セブンのコロッケパンは今や定番化?!


👉開いてみます!


👉実食します!


👉まとめ:セブンイレブン「コクと旨みのコロッケパン」の評価は?!





👉よく名前が変わるのだ!


 新作は「コクと旨みソースのコロッケパン」である。
 先日までは「ソースが決め手!コロッケパン」であった。



 一番最初は「こだわりソースのコロッケパン」であった。
 その後ただの「コロッケパン」となり、「コクと旨みソースのコロッケパン」を経て「ソースが決め手!コロッケパン」となった。

 そして今回「コクと旨みソースのコロッケパン」に逆戻りとなった💦のである。

 リニューアルするタイミングで名前を変えるのは理解できるが、なかなかややこしいのだ(;'∀')


 



👉セブンのコロッケパンは今や定番?!


 私はセブンのコロッケパンの大ファンである。
 コンビニランチに一番多く食べるのがこれではないか。

 まず安価である。
 128円(税込み)なのだ。


  カロリーはボリュームたっぷりの446Kcal、糖質(炭水化物量を表示)58.5gと食べ応え十分である。

 これ一つでかなりお腹がいっぱいになる商品なのだ。

 そしてシンプルで飽きない味だ。
 これは実はなかなか難しいのである。

 うにいくら丼が大好きな人がいたとする(私です(;'∀'))。
 しかし、いくらいくらが好きでも💦3食続けてはキツい。
 2食連続でもちょっと躊躇するのではないか。

 だが、このセブンのコロッケパンは例えば3食続いても(ややキツいけど)食べられるのである。

 それは安定したクオリティと、完成された美味しさから来ているのだと思う。

 結構私の中では「定番的な存在としてソウルフード化」しつつあるのである。






👉開いてみます!




 うーむ。

 ソースの量が減ってるような・・・💦


【前作:ソースたっぷり】
 

【前々作:ソースびしゃびしゃ】



 最新作は意図的にソース少な目にしてきてるように感じるのである。

 これはヘルシー路線なのか、それともパンとコロッケに対する自信の顕れか?



 いずれにしても前進しているのを感じるのだヽ(^o^)丿








👉実食します!


 切ってみる。
 断面が美しい。

【最新作の断面】



【前々作の断面】

 最新作ではかなりパンがふっくらしているのが分かる。



 食べてみると、やや甘さのある歯応えの良いパンが、しっとりスムーズな滑らかコロッケをしっかり受け止めているのである。

 
 確かにソースよりパンとコロッケの存在感が益々前に出た印象だ。



 特にパンの表面の皮の部分の噛み応えが絶妙である。
 コクと旨みを謳うソースの辛味も効いていて、全体の調和が素晴らしいだ!








👉まとめ:セブンイレブン「コクと旨みソースのコロッケパン」の評価は?!

 
 おススメします! 
 やっぱり美味しいセブンのコロッケパン!

 大きく変更があったわけではないが、全体的なクオリティが更に上がり食感も旨みもアップしている。

 特にパンの噛み応えがステキである。

 シンプルな商品だけに「飽きずに最後まで美味しい」というのが大事だと思う。
 それが十分達成されているのである。

 目を見張る美味しさではないが、また何だか無性に食べたくなる味なのだ。

 是非消えずにロングセラーとなることを期待して止まない。


0 件のコメント:

コメントを投稿