風邪の予防法インフルエンザの予防法はこまめに水を飲むだけ?!/サラリーマン4コマ漫画劇場㉖ | サラリーマン総研

2018年1月1日月曜日

風邪の予防法インフルエンザの予防法はこまめに水を飲むだけ?!/サラリーマン4コマ漫画劇場㉖





風邪の予防法、インフルエンザの予防法はこまめに水を飲むだけ?!実はこれが最も現実的な対策(◎_◎;)?!


風邪やインフルエンザの予防は結構難しい。実際の日常生活で出来ることが少ないのである。そんな中、こまめに水を飲むだけで予防できる!という話をテレビで観たのだ!そこで調べてみたところなんと驚愕の結果が(;゚Д゚)!嚥下運動、線毛運動などのメカニズムをまるっと解説します(^^)/






(^.^)本日の記事の見出し


👉保育士が風邪を引かない保育園!


👉一般的に風邪、インフルエンザの予防には!


👉水を飲むだけ(;゚Д゚)?!


👉何故冬に水分補給が必要?!


👉うがいより水を飲む方が現実的!

👉まとめ:この冬やってみる価値あり!こまめに水を飲もう!







👉保育士が風邪を引かない保育園!



 先日テレビを観ていたら、保育士の方が全く風邪も引かないしインフルエンザにも感染しないという保育園の話をやっていて驚嘆した(;゚Д゚)!

 園児はだいたい風邪を引くものである。
 その園児と間近で毎日接触しているのに、保育士の方だけ風邪やインフルエンザに感染しないなんて考えられないのである。

 しかし事実として語られていたので間違いないのだろう。

 その秘訣とは、何とこまめに水を飲むことだけであったのだ。

 それも魔法の水ではなく、ただの普通の水である(◎_◎;)








👉一般的に風邪、インフルエンザの予防には!



 一般的に言われている風邪、インフルエンザの予防策の概略は以下である。

1.うがいと手洗い

2.乾燥した場所や人込みを避ける


3.十分な睡眠


4.適度な運動


5.栄養のある食事とビタミン補給



「1.うがいと手洗い」は頑張れば出来ないこともないが、2~5は何だかなぁと首を捻るようなヤツばかりである(-_-;)

 毎日睡眠不足で運動もろくにできず、仕事で通勤してりゃ満員電車なので人込みは避けられないし、食事も接待や飲酒で不規則・・・というのがだいたいのサラリーマンの実態である(/ω\)

 わかってたって出来やしないのである。

 しかし先ほどの「水を飲む」というのは出てないようだな・・・。

「乾燥した場所を避ける」ってことなのかな。

 うーむ、わからんなぁ・・・。






👉水を飲むだけ(;゚Д゚)?!




 これは「嚥下(えんげ)」と言われている飲み込み運動を活用する予防策なのであった。

 ウィルスが取り付くのは鼻や喉の粘膜である。

 粘膜には線毛と呼ばれる微小な毛が大量に生えていて、一定方向になびくように動いているのだそうだ。

 この「線毛運動」によって取り付いたウィルスが粘膜液と一緒に胃に排出され、胃液によって分解されるのである。

 水を飲むのとは関係ないように思えるが、実は線毛運動が低下するのは「寒さと乾燥」が原因と言われており、乾燥を防ぐのが「こまめな水分補給」なのである。

 つまり喉の乾燥を徹底的に防ぐ対策なのだ。

 勿論水を飲む行為自体で、嚥下によりウイルスが胃に運ばれるが、水を飲んだ瞬間ではなくても喉の乾燥が防がれていれば線毛運動でウィルスが押し流される可能性が高くなる、ということなのだ。

 テレビの番組では、保育士さんは30分から1時間に1回程度を飲んでいた。

 時間の間隔については諸説あるようだが、ともかくこまめな少量の給水が風邪のウィルスから身を守る、というのは間違いないのだと思う。


 なぜ冬に風邪やインフルエンザが流行るか?という理由は、乾燥と低温による線毛の活動低下という説が有力なのである。

 冬こそ乾燥対策が必要であり、こまめな水分補給をしなくてはならないのだ!








👉何故冬に水分補給が必要?!


 夏は気温が高く喉が渇くので自然に水分補給をする。
 しかし寒い冬には意識しないとどうしても回数が減ってしまうのである。

 冬でも呼吸などで水分は失われていく。
 気づかないうちに身体が水分不足になりがちなのだ。

 そうすると線毛の働きが弱くなりウィルスの侵入を許すことになってしまう。

 ウィルスは1個侵入すると16時間後には1万個に増殖し、その8時間後には100万個になるのだというΣ(゚Д゚)

 その状態になると諸症状が出現し、もう手遅れとなってしまう。

 風邪、インフルエンザ対策はウィルスの侵入を防ぐ以外にはないのだ。

 その為には乾燥対策を意識して行い、線毛運動を活性化するのが最も効果的である。



👉うがいより水を飲む方が現実的!




 うがいは洗面所まで行かないと出来ない。
 
 しょっちゅう洗面所に行ってたら確実に周囲に白い目で見られる((+_+))

 その他の対策はヒマで余裕のある人にしか出来やしないのである。

 となって来ると、現実的な対策としてはこの「こまめにペットボトルか水筒の水をちょっと飲む」というのが唯一の手段のような気がして来たぞ。

 
 ちょっとイメージしていただきたいのだが、あなたは一日何回水を飲んでいますか?

 私はせいぜい4~5回ではなかろうか(-_-;)

 そしてビールやコーヒーではダメなのだそうだ。
 利尿効果により早めに排出されてしまうからである。

 水かお茶を1日10回以上飲むのは、しっかり意識しないと出来ないことなのだと思う。

 しかし意識すればカンタンに出来ることなのだ!
 
 1時間に1回程度、少量で良いそうです!!





👉まとめ:この冬やってみる価値あり!こまめに水を飲もう!




 最近はミーティングや会議でも水やお茶を持参するのは普通の光景となった。

 会社では勿論、電車など交通機関での移動中でも水を飲むのは可能だから、ほぼ寝てる時以外はやろうと思えば出来るのだ。

 テレビの保育士の方たちはプラスチックのコップを携帯し、園児を遊ばせたりしている時も上手に水道からを摂取していた。 

 本説には医学的根拠が希薄との否定的意見も一部にあり、必ずしも効果の根拠が明確とは言えない。

 しかし少なくとも喉の乾燥を防ぐことは実に有効な対策であり、実際に本説を採用し成果を挙げている職場も数多くあるので、やってみる価値は十分にあると思われる。

 だって、私には他に出来ることがないのだから💦これをやるしかないのである!

 私には、どうしても、絶対に、間違っても風邪を引いてはいけない日があるのだ!
(バンドのライブの日です(;'∀'))

 受験やイベント、大事な商談など、どうしても風邪を引けない皆さんもこの冬、是非お試しくださいね(^^)/

0 件のコメント:

コメントを投稿