セブンのスプーンで食べる焼きとうもろこしリッチバター味実食レビュー!/コンビニ研究本部新ジャンル調査室 | サラリーマン総研

2018年6月7日木曜日

セブンのスプーンで食べる焼きとうもろこしリッチバター味実食レビュー!/コンビニ研究本部新ジャンル調査室



セブンイレブンから「スプーンで食べる焼きとうもろこし」新発売!4回目のリニューアルで驚愕の変化が(;゚Д゚)!



2018年6月!セブンイレブンの「スプーンで食べる焼きとうもろこし」が4回目のリニューアル!バター好き感涙💦「リッチバター味」になってバター感大幅アップ!カロリー、糖質などを含めまるっと実食レビュー!過去商品の画像もすべて掲載!比較してみてくださ~い!※当ブログは筆者(キャプテン福田)が美味しいと思った商品のみ掲載しています!





(^.^)本日の記事の見出し


👉セブンの「焼きとうもろこし」4回目のリニューアルです!


👉リニューアルの歴史を振り返る!


👉「スプーンで食べる焼きとうもろこし(リッチバター味」です!


👉実食します!


👉まとめ:果たしてその評価は?!







👉セブンの「焼きとうもろこし」4回目のリニューアルです!


 とうもろこしは世界三大穀物に数えられる主食の一つである。

 日本においてはサラダやスープとして通年で食されているが、やはり夏の風物詩としての北海道や露店での焼きとうもろこしは、記憶に残る懐かしい味である。

 セブンイレブンなどコンビニではこの焼きとうもろこしを手軽に食べられるような商品を開発、提供して来た。

 そして商品はリニューアルを重ね、どんどん進化して来ているのである。

 2018年6月、セブンイレブンでは「スプーンで食べる焼きとうもろこし」のリニューアルを行った。

 4回目のリニューアルであり、新しい味は5つ目の味になるのだ。

 果たして今回はどんな感じに変わったのだろうか(◎_◎;)?!






👉リニューアルの歴史を振り返る!

【その1:スプーンで食べる焼きとうもろこし】

 最初の商品であるが、これは全く醤油感のないヤツであった。



【その2:一本分の焼きとうもろこし焦がし醤油仕立て】


 醤油感が加わったのだが、ちょっとクタっとした感じだった。


【その3:スプーンで食べる焼きとうもろこし】

 2017年9月に名前を元に戻し(ややこしい💦)つぶつぶ感が大きく増して、「焼きとうもろこし」に風情にぐぐっと近づいたのである。

 2018年3月には「スプーンで食べる焼きとうもろこし」のままリニューアルした。


【その4スプーンで食べる焼きとうもろこし】

 これはスーパースイートコーンを使用したかなり粒々感の強い、本物の焼きとうもろこしに最も近いタイプであった。

 私はてっきりこれが最終完成形と思っていたのだ。
 
 しかし更なる進化形があったとは(◎_◎;)!!







👉「スプーンで食べる焼きとうもろこし(リッチバター味)」です!


 セブンイレブンの「スプーンで食べる焼きとうもろこし(リッチバター味)」194円(税込み)である。

 前作からなぜか4円値下げである💦


 カロリーは202Kcal、糖質(炭水化物量を表示)は33.5gだ。

 これは前作の160Kcal、27.0gからすると大幅なボリュームアップだ。

焦がした醤油の香りとコーンの甘味が味わえる焼とうもろこしです。おつまみなどにいかがですか?(メーカーサイトより)

 今回のリニューアルのポイントは「リッチバター味」である。
 バターがリッチなのだから、芳醇な味となったに違いないのだ。

 期待が高まります! 







👉実食します!

 レンジでチンしてから開封!

 両側に軽く引っ張るとフルオープンに!



 更にズームイン!



 前作の粒々感の強いタイプから元に戻したような印象ですね。

 食べてみます!


 ややしっとりしたような印象だが、バター感が強く実に後を引く。
 バター好きにはドンピシャの味である。

 ともかく箸が止まらない(スプーンですが💦)。

 味とすれば居酒屋などの定番「バターコーン」そのものであり、更にややバター味を深くしたような感じである。
 これがいつでもどこでも食べれるとはホントにスゴいのである。


 おおお~!すごぃぃぃ!と思いつつパクパク食べてたらこうなりました💦


 皆様、夏の風物詩「焼きとうもろこし」はバターの香りが増し、かなりのクオリティで通年で食べれるようになった模様です・・・(;'∀')







👉まとめ:果たしてその評価は?!


 おススメします!
 美味しいです!

 やや硬めだった前作からしっとりした感じに戻しバターの風味を強めた本作は、万人に愛されるバターコーンであると申し上げたい。

 個人的にはもう少し醤油感が欲しいところだが、このままでも十分美味しいと思う。

 しかし先へ先へと進化を求めるメーカーの努力は、この「焼きとうもろこし」一つ取っても、心を打つくらいに垣間見えてしまうのである。

 これビール🍺のつまみに最適ですね(;'∀')

 また、食物繊維不足のビジネスマンのランチなどにも是非お試しいただきたい。

  見かけたらよろしくです(^^)/


0 件のコメント:

コメントを投稿