セブンのチョコ&ホイップクロワッサンをレビュー!カロリーは?/コンビニ研究本部パン調査室 | サラリーマン総研

2018年11月15日木曜日

セブンのチョコ&ホイップクロワッサンをレビュー!カロリーは?/コンビニ研究本部パン調査室




大胆不敵!デカいチョコをそのまま差してる! 
セブンのチョコ&ホイップクロワッサンは革命的食感( ゚Д゚)
※2018年12月発売「いちごホイップ&チョコクロワッサン」記事は一項目目下のリンクにあります!




2018年11月!セブンから出たチョコ&ホイップクロワッサン。デカいチョコがドーン!と立っていて目を惹きます。しかし何かウケ狙いじゃないの( `ー´)ノと思いつつ実食してみたら、ちょっとこれは初めての食感じゃないの( ゚Д゚)ってなレポートです(^^)/カロリー糖質も記載!





(^.^)本日の記事の見出し


👉クロワッサン不滅の人気です!


👉実食します!


👉セブンのチョコ&ホイップクロワッサンです!


👉セブンイレブンのチョコ&ホイップクロワッサンの評価は?!





👉クロワッサン不滅の人気です!


 クロワッサンはフランス語で「三日月」のことである。
 その形から命名されたのだ。

 フランス発祥のパンで、バターを生地に練り込んで焼き上げるので、バター風味が強くサクサクした食感が特徴である。

 生地を伸ばしバターを挟み折りたたむことを繰り返すことで、多重層の独特の食感と香りを生み出すのである。

 フランスでは、朝食にカフェオレと共に食す。

 クロワッサンをカフェオレに浸して食べることも多いそうである。

 確かに何故かクロワッサンには異国の情緒を感じる。

 それはフランスの食文化が積み重ねて来た伝統なのかも知れない。


セブンのいちごホイップ&チョコクロワッサン実食レビュー!カロリーは?/コンビニ研究本部パン調査室

セブンイレブンから「いちごホイップ&チョコクロワッサン」新発売!カロリー糖質も記載!まるっとわかるキャプテン福田の実食レビュー!いちごホイップ&板チョコ&クロワッサンが夢のコラボ!果たしてそのお味は?美味しいのか?!





👉セブンのチョコ&ホイップクロワッサンです!


セブンイレブンのチョコ&ホイップクロワッサン158円(税込み)である。




 カロリーは357Kcal、糖質(炭水化物量を表示)は32.3gだ。



デニッシュにホイップとスティック状のチョコをサンドした菓子パンです。デニッシュ生地は層を残し焼き上げることで、食感が感じられます。(メーカーサイトより)



 今回のリニューアルでは乳脂肪分14%(通常の常温商品の約2倍!)の濃厚なホイップを投入してるらしいですよ(◎_◎;)!

 洋酒の香りも加えてるんですって!


 また、パン生地も水を使わず牛乳だけで仕込んでいるそうだ。


 そしてエクアドル産カカオマスを使った溶けにくいチョコをそのままドドーン!と看板的に立ててしまっているのである。

 しかもかなり大きめのチョコである。
 大胆不敵と言っても過言ではないビジュアルなのだ(;'∀')

 普通「チョコ&ホイップ」と言えば、チョコはクリームかクラッシュして載せるかであろう。

 わざわざどーだどーだと立たせる意味がよく分からりません(-_-;)


セブンの牛乳仕込みのホイップロール実食レビュー!カロリー糖質は?/コンビニ研究本部パン調査室

セブンイレブンから「牛乳仕込みのホイップロール」新発売!カロリー糖質も記載!画像満載!キャプテン福田の実食レビュー!乳脂肪分14%の濃厚な特製ホイップクリームと牛乳だけで仕込んだしっとり生地!果たしてそのお味は!美味しいのか?!

 


👉実食します!


 しかしすごい迫力である。
 食べづらくないのかな💦

 とりあえず切ってみる。



 ううううう~~~💦
 チョコがなかなか切れません!

   うっへ~(/ω\)
 やや失敗する・・・(-_-;)

 このハードで大きなチョコは別切りすべきであった(-_-;)

 少しぐちゃっとなってしまったぞ。

 しかし食べてみると、しっとりしたパンに濃厚なコクのあるホイップクリームが良く合う。

 そして驚いたことにこの板チョコの堅い食感が、サプライズ的にステキなのである( ゚Д゚)

 そもそもパンを食べる時にこんな堅い食感のものは一緒に食べはしない。

 だから新鮮に感じるのだろうか。

 ホイップも確かに濃厚。
 チョコは口の中でゆっくり溶ける感じ。

 全体の味のバランスも良いですね!

 美味しいではないですか(≧◇≦)






👉まとめ:セブンイレブンのチョコ&ホイップクロワッサンの評価は?!

 

 おススメします!
 ステキです!

 見た目からはビジュアルウケを狙ったキワモノ的な印象を受けたのだが間違いであったm(__)m

 計算され尽くしている美味しさなのだ。

 サクサクのクロワッサン、とろける濃厚なホイップクリームに堅い板チョコ、ふんわり洋酒の香りという、食感の美学を追及した作品であったのである。

 これにはちょっとヤラれました💦

 コンビニの新商品開発競争は過酷である。

 恐らく試作品の一割も商品化されないであろう。

 そこを潜り抜けてきた商品にはやはり不完全なものはないのだろう。

 是非一度この未体験の食感をお楽しみいただきたいm(__)m




0 件のコメント:

コメントを投稿